G-Call 催し物のお知らせ

 
則岡徹 JAZZ ソロピアノ・ライヴ
共催:ベーゼンドルファージャパン
則岡徹JAZZピアノライブ

JAZZピアニスト則岡 徹が今年はいよいよソロで登場。
スタンダードからオリジナルまでを、独創的なアドリブで演奏。
ボストン・バークリー音楽院にてビル・デイビス氏等に師事する。
グラミー賞受賞者Speech(Vo)やRichie Cole(As)、寺井尚子(Violin)、
ゴンチチ(Gt Duo)、石井竜也(Vo)、広瀬香美(Vo)等とも共演する。

■則岡徹 JAZZ ソロピアノ・ライヴ【チラシ】を印刷できます。



■演奏予定曲
My Favorite Things
My Romance 他

■則岡徹プロフィール

5歳よりクラシックピアノを始める。
高校時代にラジオから流れるジャズの世界に心を奪われ、大学卒業後渡米。
ボストンBarklee音楽院にてビル・デイビス、レイ・サンティシ、エド・ベドナー、各氏に師事する。
演奏と理論、作曲を学び卒業。在学中よりライブや路上パフォーマンス、フランスツアー等多数参加。
帰国後も自身のトリオでコンサートホールやライブハウスに出演。
グラミー賞受賞者であるSpeech(Vo)やRichie Cole(As)、Bill Watrous(Tb)、寺井尚子(Violin)、
ゴンチチ(Gt Duo)、石井竜也(Vo)、広瀬香美(Vo)とも共演する。

現在は自身のピアノトリオの他に、クラブジャズバンド the fascinationsでも活動している。
国立音楽院ではジャズピアノ奏法、ジャズ理論、ジャズアンサンブルを教え、後進の指導にもあったっている。

↓則岡氏のソロピアノが試聴できます。


■さらに詳しくは【G-Callアーティスト紹介】へ


 

G-Call Club サロン・ピアノコンサートは
----------------------------------------------
名器ベーゼンドルファーを僅か50人で囲んで聴く
----------------------------------------------
演奏家の息遣いを感じる大変に贅沢なコンサートです。
----------------------------------------------

 

 
ベーゼンドルファー・ジャパン、
G-Call共催のコンサートです。

ベーゼンドルファーは、1828年創業の欧州屈指の老舗 ピアノメーカー。ベーゼンドルファーを世に知らしめたのは、激しい超絶技巧のピアニストとして有名なフランツ・リスト。彼の激しい演奏に耐えた唯一のピアノがベーゼンドルファーだったのです。ベーゼンドルファーは丁寧な手作業による製造を維持し続けて、長い歴史で生産された台数は、約5万台に過ぎません。現在も年間約250台しか製造されない、まさに芸術品ともいえるピアノです。このベーゼンドルファーを僅か50人で聴く贅沢なサロンコンサートです。
 
時       間:5月8日(金)  開場:18:30    開始:19:00
募集人数:50名  終了しました。
参加費:3,241円(税抜) 1ドリンク付き
開催場所: G-Call サロン
               (東京デザインセンター5階)
アクセス:  
JR山手線五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線五反田駅A7出口正面
東急池上線五反田駅より徒歩3分


Total:3329 Today:1 Yesterday:0