|   ポリシー  |  English  |  海外居住者向けサービス  |  Yahoo!  |  google  |  MSN  |  人材募集  |  提携企業募集  |

G-Call 催し物のお知らせ

 
中野真帆子 ピアノ・リサイタル
“パリのヴィルトウオーゾたち”
共催:ベーゼンドルファー・ジャパン、日本クラシックソムリエ協会
中野真帆子ピアノ・リサイタル

『ショパンを廻るパリ散歩〜ロマン派時代の音楽事情〜』
などの著作でも高く評価されるピアニスト中野真帆子が、
パリのサロンを今に再現!

ウィーンとパリでピアノを学び、著書『ショパンを廻るパリ散歩〜ロマン派時代の音楽事情〜』や
『パリのヴィルトウオーゾたち〜ショパンとリストの時代〜』『ショパンについての覚え書き』の
翻訳で知られるピアニスト中野真帆子の今回のリサイタル。
テーマは「パリのヴィルトゥオーゾたち」。
ヨーロッパの中心地として、数多くの音楽家たちを育んだ音楽の都パリを舞台に、同時代に活躍した
ショパン、リスト&メンデルスゾーンの3人の天才に光を当てる。
ピアニストとしても作曲家としても、さらには当時を代表する文化人としても超一流の存在であった
彼らの音楽は、時を超えて私たちの心に沁みわたり、ウィーンの名器ベーゼンドルファーから紡ぎだ
される美しいメロディは、さながら19世紀初頭のヨーロッパのサロンを思わせるに違いない。

■演奏予定曲
ショパン:3つのノクターン 作品9 / 3つのマズルカ 作品59
メンデルスゾーン:幻想曲”スコットランド・ソナタ” 作品28
リスト:愛の夢 / ジュネーヴの鐘 / エステ荘の噴水 / タランテラ

■中野真帆子プロフィール
4歳よりピアノを始め、10歳の時、NHK教育TV「ピアノのおけいこ」にレギュラー出演。
ウィーン国立音楽芸術大学を経て、パリ・エコールノルマル音楽院演奏修士課程を審査員全員一致で終了後、カナダ・バンフセンターにて研鑽を積む。在学中にロヴェーレ・ドーロ国際音楽コンクール優勝をはじめ、アルベール・ルーセルピアノ国際音楽コンクール、マスタープレイヤーズ国際音楽コンクール、パリ国際音楽コンクールなど、ヨーロッパ各地のコンクール入賞を機に、ソリスト・室内楽奏者としてアジア・カナダ・ヨーロッパの音楽祭に参加。帰国後はフェリス女学院大学音楽学部で後進の指導にあたる傍ら、国内外での演奏、コンクール審査、TV・ラジオへの出演や音楽雑誌への執筆・翻訳など、多方面で活躍中。
録音に『LIVE』(2015)、著書に『ショパンを廻るパリ散歩〜ロマン派時代の音楽事情〜』(2009)、翻訳書に『パリのヴィルトウオーゾたち〜ショパンとリストの時代〜』(2004)、『ショパンについての覚え書き』(2006)。






■中野真帆子 ピアノ・リサイタル チラシを印刷できます。
 

G-Call Club サロン・ピアノコンサートは
----------------------------------------------
名器ベーゼンドルファーを僅か50人で囲んで聴く
----------------------------------------------
演奏家の息遣いを感じる大変に贅沢なコンサートです。
----------------------------------------------

 

 
ベーゼンドルファー・ジャパン
日本クラシックソムリエ協会、
G-Call共催のコンサートです。

ベーゼンドルファーは、1828年創業の欧州屈指の老舗 ピアノメーカー。ベーゼンドルファーを世に知らしめたのは、激しい超絶技巧のピアニストとして有名なフランツ・リスト。彼の激しい演奏に耐えた唯一のピアノがベーゼンドルファーだったのです。ベーゼンドルファーは丁寧な手作業による製造を維持し続けて、長い歴史で生産された台数は、約5万台に過ぎません。現在も年間約250台しか製造されない、まさに芸術品ともいえるピアノです。このベーゼンドルファーを僅か50人で聴く贅沢なサロンコンサートです。
 
時       間:2月12日(金)  開場:18:30    開始:19:00
募集人数:50名  終了しました。
参加費:3,500円(税抜) 1ドリンク付き
開催場所: G-Call サロン
               (東京デザインセンター5階)
アクセス:  
JR山手線五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線五反田駅A7出口正面
東急池上線五反田駅より徒歩3分


Total:3250 Today:3 Yesterday:4