G-Call 催し物のお知らせ

 
須関裕子 ピアノ・リサイタル
共催:ベーゼンドルファー・ジャパン、日本クラシックソムリエ協会

高校2年でチェルニー=ステファンスカ国際ピアノコンクール優勝
日本を代表するアーティスト達との共演で絶大な信頼をほこり、
サントリーホール「チェンバー・ミュジックガーデン」でも活躍。
今、最も注目される若手ピアニスト須関裕子が登場!
内外のトップアーティストが絶賛する瑞々しい感性をご堪能あれ。

■須関裕子ピアノ・リサイタル【チラシ】を印刷できます。




■演奏予定曲

スカルラッティ:ソナタ へ短調 L.118、ニ短調 L.413、ロ短調 L.449
ベートーヴェン:ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調 作品27-2 「月光」
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
ドビュッシー:喜びの島
ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66
ショパン:練習曲 ホ長調 作品10-3 「別れの曲」
ショパン:舟歌 嬰へ長調 作品60
ショパン:スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31
ショパン:バラード 第3番 変イ長調 作品47
ショパン:ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53 「英雄」

■須関裕子プロフィール

桐朋学園大学音楽学部を卒業、同研究科を首席修了。

【主な受賞歴】
桐朋女子高等学校音楽科2年在学中に、
第2回チェルニー=ステファンスカ国際ピアノコンクールにて第1位
併せてステファンスカ賞、遠藤郁子賞受賞
第18回園田高弘賞ピアノコンクール第3位。
第16回宝塚ベガ音楽コンクール第1位。
ドイツで行われた第3回国際室内楽アカデミーにてグランプリを受賞。

【主なコンサート】
秋山和慶氏指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団、長田雅人氏指揮・ふじのくに交響楽団、新田孝氏指揮・ニッポンシンフォニー、鈴木秀美氏指揮・静岡交響楽団、東京フィルハーモニー室内合奏団と協奏曲を共演。

■さらに詳しくは【G-Callアーティスト紹介】へ



 

G-Call Club サロン・ピアノコンサートは
----------------------------------------------
名器ベーゼンドルファーを僅か50人で囲んで聴く
----------------------------------------------
演奏家の息遣いを感じる大変に贅沢なコンサートです。
----------------------------------------------

 

 
ベーゼンドルファー・ジャパン
日本クラシックソムリエ協会、
G-Call共催のコンサートです。

ベーゼンドルファーは、1828年創業の欧州屈指の老舗 ピアノメーカー。ベーゼンドルファーを世に知らしめたのは、激しい超絶技巧のピアニストとして有名なフランツ・リスト。彼の激しい演奏に耐えた唯一のピアノがベーゼンドルファーだったのです。ベーゼンドルファーは丁寧な手作業による製造を維持し続けて、長い歴史で生産された台数は、約5万台に過ぎません。現在も年間約250台しか製造されない、まさに芸術品ともいえるピアノです。このベーゼンドルファーを僅か50人で聴く贅沢なサロンコンサートです。
 
時       間:3月4日(水)  開場:18:30    開始:19:00
募集人数:50名  終了しました。
参加費:3,241円(税抜) 1ドリンク付き
開催場所: G-Call サロン
               (東京デザインセンター5階)
アクセス:  
JR山手線五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線五反田駅A7出口正面
東急池上線五反田駅より徒歩3分


Total:5093 Today:1 Yesterday:2