G-Callショッピング

カートを見る

JAしみず

「農協があって良かった」といわれる農協を確立し、
地域から愛され、組合員とともに歩む農協を樹立します。
最高級の農産品:おいしい“静岡しみず産”をお届けします。
駒豆・4袋

フジエス枝豆≪駒豆・4袋≫

静岡しみずから、通年で新鮮な枝豆をお届けします。
高級料亭御用達として重宝されている≪フジエス枝豆≫
品種は、サヤムスメ 甘みとコクがある、枝豆本来のおいしさです。
静岡しみずの枝豆
清水産の枝豆の特徴は、旨味成分であるアミノ酸を枝からサヤへ供給し、枝豆の美味しさ維持を重視した枝付きにあります。

品種は、サヤムスメ 大莢で甘味とコクがありつつ、サッパリとしクセの無い味わいで枝豆本来の美味しさを堪能できます。

※つまみの定番である枝豆に含まれるメチオニンはアルコールを分解する肝機能を高める効果があると言われていて、お酒のアテに最適と言われています。晩酌のお供に是非!
出荷は、周年生産を生かした大都市の業務用向けの木箱詰めが主体でしたが、昭和60年代からは枝付きの切り豆を袋詰めした「駒豆(こまめ)」がヒットし、量販店等でも扱われるようになりました。
現在では、統一された「フジエス」ブランドで、年間約217t(約108万袋)が京浜市場をはじめ、関西地方にも出荷されています。

清水南部海岸地域に位置する三保・駒越地区は、温暖な気候、年間を通して豊富な日照と
砂地で地温が上がりやすい立地条件を生かし、古くから野菜の促成栽培が盛んです。

当地のエダマメ栽培の起源は明治末期で、本格的な始まりは大正中期といわれています。
初期は、栽培床へ油紙やガラスを張った障子を掛けて、保温しました(フレーム栽培)。
戦後、フレームやガラス室での栽培が急増し、昭和30年代半ばには、折戸・駒越地区を中心に30〜40ha栽培されるようになりました。この頃は早出し栽培が大半で、日本で一番早い枝豆出荷産地でした。
出荷最盛期は5月末頃からでしたが、昭和50年頃には周年栽培ができ上がり一年を通し採れたての枝豆の出荷が開始されました。
現在では、三保から駒越地区の約85戸・25haのガラス温室やビニールハウスで、4月〜6月出荷を主力に栽培されています。周年栽培も行われており、年間にわたり出荷されているのは国内でも清水唯一です。
【産地】静岡県清水区
【賞味期限】冷蔵で発送から7日
【内容量】約200g×4袋
※宛先が複数の場合、「カートに入れる」⇒「戻る」⇒「カートに入れる」を件数分、繰返してください。

フジエス枝豆≪駒豆・4袋≫   
(商品番号:55381)

本体価格:¥2,400
送料無料
数量:

G-Callなら、ショッピングも、電話も、電気料金も、すべて一枚の請求書にまとまり便利です。

クレジットカード支払なのでラクラク安心! G-Callを生活の「充実」と「節約」にお役立てください。

                
シェアする
送料
※お届け先が沖縄県の場合は、別途送料を実費で申し受けます。詳細はこちら
配達方法
クール冷蔵便でお届
支払方法:
G-Callお客様は電話サービス、ショッピングと一括請求/新規お客様はクレジットカード支払い。
配達日:
原則、ご注文日より7営業日以内(土日祝除く)に発送します。
※ご注文が込み合った場合には、お届けまでに日数をいただく場合があります。
キャンセル
お届け商品に汚損/破損があった場合には責任をもってお取替えなどいたしますが、
商品の性質上原則として返品はお受けできません。
 
Total:1533 Today:1 Yesterday:2



Total:9551 Today:1 Yesterday:8