|   ポリシー  |  English  |  海外居住者向けサービス  |  Yahoo!  |  google  |  MSN  |  人材募集  |  提携企業募集  |

G-Callショッピング

カートを見る

とまとふぁーむ加藤農園(ぶんぶんとまと)

世界遺産 「富岡製糸場」 のある群馬県富岡市より
≪自家栽培トマト≫やそれを使用した≪トマト加工品≫をお届け。
TVや新聞、雑誌などに数多く取り上げられる農園です。

屋号紹介
群馬県冨岡市より
世界遺産登録を果たした、日本近代産業発祥のふるさと「富岡製糸場」。

その「絹の町上州富岡」から自家栽培の「トマト」、その名も≪ぶんぶんとまと≫や、その加工品・トマトジースやケチャップなどを全国に発送しています。
「富岡製糸場」 錦絵
「ぶんぶんとまと」の特長
トマト栽培をしている半数の農家は花にホルモン剤を散布します。すると受精に関係なく雌花のみで単位結実します。この処理をしたトマトは、酸味が少ないため糖度が低くても甘く感じるトマトになります。
しかし「ぶんぶんとまと」はマルハナバチが花粉を集めるとき受精します。自然に受精されたトマトは、種ができて果肉ゼリー部分が充実して甘みと酸味と香りのバランスが取れた味の濃いトマトになります。

自然受粉で作ったトマトは、今話題になっている活性酸素を抑える働きのある色素リコピンがたっぷりだから赤色鮮やか、ビタミン類も豊富で、果肉も厚くとってもジューシー!味も香りもトマト本来のおいしさです。
また極力水を与えない栽培方法を採用し、果汁濃度が高いトマト作りを実践しています。

このトマトで作る加工品が絶品と話題。
ぶんぶんとまとトマトジュースは、今まで市販のジュースが苦手な方々にも「美味しい、これなら飲める」と人気です。ぶんぶんとまとの加工食品は味が良い逸品に仕上がり、群馬展等各地の物産展でも好評です。
園主のコメント
「黒いソース(ソース・醤油)」から「赤いソース(とまと)」の時代へ

日本屈指の「ぶんぶんとまと」を自ら苦心の末にハチ交配と「少量潅水栽培」で育てあげ、その素材を使って手作りで私達が作り上げた究極の逸品をご賞味ください。従来になかった「至高の味わい」であることを私達は信じてやみません。   

園主:加藤文吾 絹子




G-Callなら、ショッピングも、インターネットも、電話も、すべて一枚の請求書にまとまり便利です。

クレジットカード支払なのでラクラク安心! G-Callを生活の「充実」と「節約」にお役立てください。

         



Total:10083 Today:8 Yesterday:13