G-Callショッピング

カートを見る

健康・美容・医療・衛生 商品一覧はこちら<クリック>

PET(陽電子放射断層撮影)
検査内容●正常細胞より3〜8倍も多くブドウ糖を摂取するガン細胞の性質を利用した画期的な検査法です。FDGというブドウ糖に似せた薬剤を体内に注射し、薬剤ががん細胞に集まるところを画像化することで、がんの有無や位置を調べます。
●一度で全身のスクリーニングを行えるため、予期せぬところにできたガンを発見することもできます。また検査前に薬剤を注射する以外は、痛みや不快感がほとんどありません。しかも服(検査着)を着たまま検査することができますので、女性も安心して受診できます。
●通常、CTやその他の検査と組合せたコースで受診するので、合間の休憩・安息時間も含め、検査には3から5時間程度かかります。
基準値※ −−−
対象とする病気(例) 甲状腺ガン  大腸ガン  すい臓ガン  卵巣ガン  心筋梗塞(心臓発作)  脳腫瘍  肺ガン  狭心症  乳ガン 
※基準値:「正常な人の95%に当てはまる値」という定義で、日本医師会等を参考に表示していますが、
  受診する医療機関、検査機器によっても異なるので、各医療機関の基準値に照らして、
  総合的な医師の判断を受けることが必要です。



Total:41125 Today:2 Yesterday:2