G-Callお得な特典

無料ご招待(プレゼント)

宇川直宏展 FINAL MEDIA THERAPIST @DOMMUNE


抽選でペア5組10名様をご招待!   応募受付終了しました。
宇川直宏展
FINAL MEDIA THERAPIST @DOMMUNE LOGO1 Designed by UKAWA NAOHIRO
2023年9月10日(日)〜11月5日(日)まで、練馬区立美術館にて「宇川直宏展 FINAL MEDIA THERAPIST @DOMMUNE」が開催されます。
※交通費等はお客様ご自身でご負担願います。

UKAWA NAOHIRO Portrait of a MEDIA THERAPIST1 Photo by Toshio Ohno(L MANAGEMENT)「WIRED」JAPAN VOL.38
※画像写真の無断転載を禁じます

宇川直宏について

宇川直宏(1968年〜)は、1980年代末より映像作家、グラフィックデザイナー、VJ、文筆家、キュレーターなど多岐にわたる活動を展開するアーティストです。1990年代末より活動の舞台を現代アート表現にも拡張し、国内外で様々な作品を発表してきました。2010年には世界に先駆けてライブストリーミング・チャンネル「DOMMUNE(ドミューン)」を開局し、毎夜、多種多様なトーク、DJプレイ、ライブやトークセッション等を世界に配信し、国内外の先端的なアートシーンに大きな影響を与えています。宇川はスタジオで日々産み出される番組の撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの“現在美術表現”と位置づけています。



UKAWA NAOHIRO Portrait of a MEDIA THERAPIST2 Photo by Toshio Ohno(L MANAGEMENT)「WIRED」JAPAN VOL.38
※画像写真の無断転載を禁じます


UKAWA NAOHIRO Portrait of a MEDIA THERAPIST3 Photo by Toshio Ohno(L MANAGEMENT)「WIRED」JAPAN VOL.38
※画像写真の無断転載を禁じます


展覧会について

本展では、13年間のDOMMUNEの膨大な番組アーカイブを紹介するとともに、それらの映像を素材として、絵画や立体作品など他のメディアに拡張・変換・創造し、“描く”という行為の歴史的なアップデートを図ります。
その過程で介在するのは、宇川自らだけでなく、日々の配信行為に纏わる視聴者と同じく、様々な年齢・多様な背景を持つ人々、そして人工知能。アーカイブの様々な可能性を探るとともに、近年広く普及し始めたジェネレーティブAI1による画像生成にも着目し、描くとは何か、今世紀的な作家性や作品のあり方とは何か、もしくはそこから創出される価値とは何かなど、“近代・現代・現在美術”を新たに捉え直すプロジェクトとなります。また、ブロックチェーン2、そしてスマートコントラクト3による所有や販売などのプロセスを独自考察し、伝統的なメディアである絵画と同時に、NFT作品4の制作も行います。また会期中には美術館を舞台としてライブ・ストリーミングを行い、さらなる情報の蓄積を目にしながら番組に参加することが可能です。
毎日大量の人々が行き交うプラットフォームであり、芸術/文化情報の泉源であるファイナルメディア「DOMMUNE」を、様々に変換し時空を錯綜しながら眺める試みは、仮想空間と物理空間の交通、ユビキタス5とモバイルによる超分散的サイバー空間の投影など、Web3.06以降の社会を取り巻く様々な問いを、更に深める機会ともなるでしょう。


1「生成AI」。画像や動画、楽曲やプログラムのコード、文章などクリエイティブな成果物を生成するための人工知能。
2情報通信ネットワーク上の取引記録を、暗号技術を用いて処理・記録するデータベースの一種。改ざんが非常に困難で仮想通貨等に応用されている。
3ブロックチェーンシステム上の概念。あらかじめ設定されたルールに従って、第三者を介さずにブロックチェーン上の取引を自動的に管理する。
4NFT(ブロックチェーンを利用して発行する非代替性の暗号資産)の技術を活用し唯一性や所有権を証明できるデジタルアート。
5通信インフラの整備や端末の普及によって場所を選ばずにインターネットに接続し情報収集やサービスの利用が行えること。
6プライバシーやセキュリティなど問題を解決するために構想された、ブロックチェーンなどの技術によって実現する「次世代の分散型インターネット」の概念。



DOMMUNE TEROP ARCHIVES1 Designed by UKAWA NAOHIRO ※画像写真の無断転載を禁じます


DOMMUNE TEROP ARCHIVES2 Designed by UKAWA NAOHIRO ※画像写真の無断転載を禁じます


DOMMUNE TEROP ARCHIVES3 Designed by UKAWA NAOHIRO ※画像写真の無断転載を禁じます


DOMMUNE TEROP ARCHIVES4 Designed by UKAWA NAOHIRO ※画像写真の無断転載を禁じます


DOMMUNE TEROP ARCHIVES5 Designed by UKAWA NAOHIRO ※画像写真の無断転載を禁じます
- 開催概要 -
名 称
宇川直宏展 FINAL MEDIA THERAPIST @DOMMUNE
会 場
 
練馬区立美術館
〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16
会場URL
 
会 期
 
2023年9月10日(日)〜11月5日(日)
開館時間
 
10:00〜18:00 ※入館は17:30まで
休館日
 
月曜日(ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館、9月19日(火)、10月10日(火)は休館)
観覧料
 
一般1,000円、高校・大学生および65〜74歳800円、中学生以下および75歳以上無料(その他各種割引制度あり)
※一般以外の方(無料・割引対象者)は、年齢等が確認できるものをお持ちくだ さい
交 通
 
■ 鉄道
西武池袋線(東京メトロ有楽町線・副都心線 直通)
「中村橋」駅下車 徒歩3 分
■ バス
関東バス「中村橋駅」停留所より徒歩5 分
阿佐ヶ谷駅北口 ‒ 中村橋駅【阿01】系統終点
荻窪駅北口 ‒ 中村橋駅【荻06】系統終点
荻窪駅北口 ‒ 練馬駅【荻07】系統「中村橋駅」下車
※駐車場はございません。(美術館周辺にコインパーキングがあります)
問合せ
 
練馬区立美術館 03-3577-1821
主 催
 
練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)、DOMMUNE株式会社
協 力
 
株式会社Rhizomatiks、ANOMALY、池上通信機株式会社、BRDG/VRDG、WIRED、えるMANAGEMENT
※応募者多数の場合は、厳正な抽選を行い当選者を決定いたします。
  また、当選者の発表は、招待券の発送をもってかえさせて頂きます。
※写真の無断転載を禁じます。

 

Total:651 Today:1 Yesterday:0