G-Callお得な特典

無料ご招待/特典プレゼント
抽選で展覧会/コンサート等へ無料ご招待・優待券等プレゼント。
<応募資格> 過去1年間にG-Callサービスをご利用のお客様
東郷青児 蔵出しコレクション〜異国の旅と記憶〜
抽選でペア3組6名様をご招待!※当選者の方は、オンラインによる日時指定をお願いします。   2020年11月1日(日) 応募締切
モダンボーイと呼ばれた東郷の「旅」を切り口に、油彩、素描、彫刻、デザイン、写真資料、そして東郷の蒐集品など、これまで展示する機会の少なかった収蔵品約140点をご紹介します。パリからサハラ砂漠まで、尽きせぬ好奇心を胸に飛び込んでいった東郷の眼を通して、世界の旅をお楽しみください。
会場:SOMPO美術館
日程:2020年11月11日(水) 〜2021年1月24日(日)
主催:SOMPO美術館、日本経済新聞社
特別展「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」
抽選でペア3組6名様をご招待!   2020年11月7日(金) 応募締切
本展では、ベルリンのエジプト・コレクションから「天地創造の神話」をテーマに、約130点の名品を展示します。「天地創造と神々の世界」「ファラオと宇宙の秩序」「死後の審判」の3章構成で、知られざる古代エジプトの神話の世界を、アニメーションも駆使しながら貴重な出土品とともに解き明かします。
会場:東京都江戸東京博物館 1階 特別展示室
日程:2020年11月21日(土)〜2021年4月4日(日)
主催:東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、ベルリン国立博物館群エジプト博物館、朝日新聞社、日本テレビ放送網、東映
GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ
抽選でペア5組10名様をご招待!   2020年11月18日(水) 応募締切
いまや世界共通言語となった日本の漫画=MANGA。その起源には、様々な説があります。本展では印刷文化が発展した江戸時代の諷刺表現である戯画を、現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点としています。
会場:すみだ北斎美術館
日程:2020年11月25日(水)〜2021年1月24日(日) ※一部展示替えを実施予定
主催:墨田区・すみだ北斎美術館、毎日新聞社
江戸のエナジー 風俗画と浮世絵展
抽選でペア5組10名様をご招待!   2020年12月12日(土) 応募締切
本展では、静嘉堂の誇る重要文化財「四条河原遊楽図屏風」など近世初期風俗画のほか、軽妙洒脱に江戸の風俗を描いた英一蝶の「朝暾曳馬図」を修理後初公開します。
会場:静嘉堂文庫美術館
日程:2020年12月19日(土)〜2021年2月7日(日)
主催:公益財団法人 静嘉堂
香りの器 高砂コレクション 展
抽選でペア5組10名様をご招待!   2021年1月4日(月) 応募締切
展では、高砂香料工業株式会社が長年にわたり収集してきたこれらの香りにかかわる質の高いコレクションから、およそ240点を選りすぐり展観いたします。
会場:パナソニック汐留美術館
日程:2021年1月9日(土)〜3月21日(日)
主催:パナソニック汐留美術館、東京新聞
佐藤可士和展
抽選でペア5組10名様をご招待!   2021年1月20日(水) 応募締切
過去最大規模の個展となる本展では、佐藤自身がキュレーションする会場構成のなかで、約30年にわたる佐藤の活動の軌跡を多角的に紹介します。展示室を巡る来場者は、佐藤の数々の仕事を「作品」として鑑賞する刺激的な体験を通して、その唯一無二のクリエイティビティを体感することになるでしょう。
会場:国立新美術館 企画展示室1E
日程:2021年2月3日(水)〜5月10日(月)
主催:国立新美術館、SAMURAI、TBSグロウディア、BS-TBS、朝日新聞社、TBSラジオ、TBS
テート美術館所蔵 コンスタブル展
抽選でペア5組10名様をご招待!   2021年2月5日(金) 応募締切
日本では35年ぶりとなる本回顧展では、世界有数の良質なコンスタブルの作品群を収蔵するテート美術館から、ロイヤル・アカデミー展で発表された大型の風景画や再評価の進む肖像画などの油彩画、水彩画、素描およそ40点にくわえて、同時代の画家の作品約20点をご紹介します。国内で所蔵される秀作を含む全85点を通じて、ひたむきな探求の末にコンスタブルが豊かに実らせた瑞々しい風景画の世界を展覧します。
会場:三菱一号館美術館
日程:2021年2月20日(土)〜5月30日(日)
主催:三菱一号館美術館、テート美術館、朝日新聞社
分離派建築会100年展 建築は芸術か?
本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品によって、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返ります。分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。日本近代建築の歩みのなかで果たした彼らの役割を、新たな光のもとに明らかにしていきます。
会場:パナソニック汐留美術館
日程:2020年10月10日(土)〜12月15日(火)
主催:パナソニック汐留美術館、朝日新聞社
森本草介展
ホキ美術館は、昨年10月26日より約9カ月間にわたり、水害の影響で休館しておりましたが、いよいよ準備が整い、8月1日(土)に再オープンいたします。
会場:ホキ美術館
日程:2020年8月1日(土)〜11月16日(月)
主催:ホキ美術館
ちひろ 色のない色<br><企画展>田島征三展『ふきまんぶく』―それから、そして、これから―<br>ちひろ美術館コレクション ふしぎな生き物
本展では、ちひろが好んで使った「紫」や、無限の色彩を秘める「黒」など、“色”に焦点をあてて、ちひろの表現の魅力を紹介します。同時に、田島征三展『ふきまんぶく』、ちひろ美術館コレクション ふしぎな生き物を開催します。
会場:安曇野ちひろ美術館
日程:2020年9月4日(金)〜11月30日(月)
主催:安曇野ちひろ美術館
子どもの心を見つめて いわさきちひろ展<br>ちひろ美術館コレクション 絵本の世界を飛び出して
本展では、ちひろの絵とことばを通して、改めてちひろが願った子どものしあわせと平和を見つめ直します。また、ちひろ美術館コレクションを紹介する本展では、世界の絵本画家たちの作品のなかでも、絵本の世界を飛び出した創作活動を紹介します。
会場:ちひろ美術館・東京
日程:2020年10月17日(土)〜2021年1月31日(日)
主催:ちひろ美術館
開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレック展
本展は岐阜県美術館との共同企画であり、同館が誇る世界有数のルドン・コレクションから貴重な木炭とパステル画、ゴーガンの多色刷りの木版画を中心とした作品群、山本芳翠をはじめとする明治洋画の旗手たちの作品を出品します。そして、ワシントン・ナショナル・ギャラリーからロートレックの初期の油彩画を含む国内外あわせて100点を超える作品で構成します。(前後期展示替えあり)
会場:三菱一号館美術館
日程:2020年10月24日(土)〜2021年1月17日(日)
主催:三菱一号館美術館、日本経済新聞社
改組 新 第7回 日展
明治40年から続く今年113年目の美術展。日本で最大級の公募展です。
会場:国立新美術館
日程:2020年10月30日(金)〜11月22日(日)
主催:公益社団法人 日展
式場六囲此帛室反射鏡」
式場六囲困蓮医業のかたわら、民藝運動、ゴッホ論、精神病理学入門など多岐に渡って健筆をふるい、生涯の著書は約200冊に及びます。そして、ゴッホ複製画展や山下清展などの事業も手がけ、幅広い大衆の関心と趣味を先導しました。本展は、その多彩な足跡を約200点の作品・資料を通じてたどるものです。
会場:練馬区立美術館
日程:2020年10月11日(日)〜12月6日(日)
主催:練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)、読売新聞社、美術館連絡協議会
能をめぐる美の世界〜初公開!彌之助愛蔵から120年・新発田藩主溝口家旧蔵能面コレクション〜
本展では、静嘉堂所蔵の越後国新発田藩主溝口家旧蔵能面コレクション67面を岩彌之助購入後、120年を経て初公開致します。貴重な面を守る面袋、それらを納める面箪笥、全てが揃った奇跡のコレクションです。秋のひと時、大名家秘蔵の能面にゆっくり向き合ってみませんか。
会場:静嘉堂文庫美術館
日程:2020年10月13日(火)〜12月6日(日)
主催:公益財団法人 静嘉堂
 終了
ムーミン75周年記念。ムーミンたちの豊かな世界をお楽しみください。
 終了
二人の才能あふれる画家の友情とその軌跡にフォーカス。
 終了
本展では、瀬川康男の絵にかけた思いに迫ります。
 終了
今世紀ヴァイオリン界の絶滅危惧種 HISAYA SATO 魔弓の至芸
 終了
所蔵作品を再解釈し、新たな視点を提案する展覧会を開催。
 終了
重要文化財13点、重要美術品8点を含む各ジャンルを代表する作品展示
 終了
都市生活や近代芸術と「子ども」との関係を検証。
 終了
いま最も注目されている1970年以降に生まれた12人の作家を紹介。
 終了
2020年の新美術館開館にあわせ、収蔵品による開館記念展を開催。
 終了
こういう時期だからこそ見てみたいと思う作品を約80点展示。
 終了
年中行事に焦点を当て、北斎や門人たちが描いた当時の風俗を紹介。
 終了
本展は、若冲作品の魅力とその背景に迫ります。
 終了
色に焦点をあてて、ちひろの表現の魅力を紹介します。
 終了
ショパンを新たな視点から再考する展覧会を開催します。
 終了
ルオーと日本との知られざる繋がりを様々な作品を通して迫ります。
 終了
日本の彫刻界を代表する作家のひとり、柳原義達の業績を紹介。
 終了
版画作品のほか、本の装丁や雑誌の表紙・挿絵・口絵を紹介。
 終了
開催中止となりました。
 終了
明治・大正・昭和の時代を生きた画家津田青楓の生涯の振り返り。
 終了
本展はデヴィ夫人激動の80年に焦点をあてる初の大規模な展覧会。
件数  844 件
 
  1  2  3  4  5  6  7  8  9    次へ
 
Total:50025 Today:35 Yesterday:112