G-Callお得な特典

無料ご招待(プレゼント)

コスチュームジュエリー 美の変革者たち


抽選でペア5組10名様をご招待!   応募受付終了しました。
コスチュームジュエリー 美の変革者たち
2023年10月7日(土)から12月17日(日)まで、パナソニック汐留美術館にて「コスチュームジュエリー 美の変革者たち」が開催されます。
※交通費等はお客様ご自身でご負担願います。

その輝きは、自由の証。


20世紀はじめ、ポール・ポワレが嚆矢となり、シャネルによって広く普及したコスチュームジュエリー。宝石や貴金属といった素材の既成概念から解放され、優れたデザインや衣服との組合せの魅力によりパリのモード界では不可欠の要素となり、やがてアメリカへも伝わりました。本展はコスチュームジュエリーの展開を包括的にご紹介する日本初の展覧会です。ディオールやスキャパレッリなどオートクチュールのコレクションのために生み出された作品はもちろん、それらのブランドからの依頼も受けたジュエリー工房による卓越した技術の精緻なネックレスやブローチに、リーン・ヴォートランやコッポラ・エ・トッポらによる独創的な逸品、そしてミリアム・ハスケルやトリファリに代表される、幅広い層に支持されたアメリカン・コスチュームジュエリー。これらを、国内随一のコレクションから選りすぐり、400点あまりの作例を通じてご紹介するとともに、各デザイナーが素材の自由を獲得することで生み出した、それぞれの様式美を探ります。


ポール・ポワレ《夜会用マスク、ブレスレット「深海」》制作:マドレーヌ・パニゾン、1919年、メタリックチュールにガラスビーズとクリスタルビーズで刺繍、小瀧千佐子蔵 ※画像写真の無断転載を禁じます



シャネル《ネックレス「ビザンチンクロス」》制作:ロベール・ゴッサンス、1960年頃、ガラスビーズ、メタル、小瀧千佐子蔵 ※画像写真の無断転載を禁じます



スキャパレッリ《クリップ「ハート」モチーフ》デザイン:ジャン・シュルンベルジェール、1938年頃、エナメル彩メタル、ラインストーン、小瀧千佐子蔵 ※画像写真の無断転載を禁じます



リーン・ヴォートラン《ブローチ》―1948年頃、エナメル彩、金色ブロンズ、個人蔵 ※画像写真の無断転載を禁じます



メゾン・グリポワ《イヤリング》デザイン:ジョゼット・グリポワ、1989年、パート・ド・ヴェール・エナメル ガラス、カボションガラス、模造パール、メタル、個人蔵 ※画像写真の無断転載を禁じます
- 開催概要 -
名 称
コスチュームジュエリー 美の変革者たち
会 場
 
パナソニック汐留美術館
〒105-8301
東京都港区東新橋1-5-1
パナソニック東京汐留ビル4階
会場URL
 
会 期
 
2023年10月7日(土)〜12月17日(日)
開館時間
 
午前10時〜午後6時(ご入館は午後5時30分まで)
※11月10日(金)、12月1日(金)、12月15日(金)、16日(土)は夜間開館 午後8時まで開館(ご入館は午後7時30分まで)
休館日
 
水曜日(ただし12月13日は開館)
観覧料
 
一般:1,200円、65歳以上:1,100円、大学生・高校生:700円、中学生以下:無料 
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
交 通
 
JR新橋駅「烏森口」「汐留口」「銀座口」より徒歩約8分
東京メトロ銀座線新橋駅「2番出口」より徒歩約6分
都営浅草線新橋駅「JR新橋駅・汐留方面改札」より徒歩約6分
ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分
都営大江戸線汐留駅「3・4番出口」より徒歩約5分
問合せ
 
050-5541-8600(ハローダイヤル)
主 催
 
パナソニック汐留美術館、毎日新聞社
協 力
 
chisa、株式会社世界文化社
企画協力
 
株式会社キュレイターズ
後 援
 
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ、港区教育委員会
監修
 
小瀧千佐子
特別協力
 
William Wain(コスチュームジュエリー研究家 / イギリス、ロンドン)
学術協力
 
Deanna Farneti Cera(コスチュームジュエリー研究家 / イタリア、ミラノ)
※応募者多数の場合は、厳正な抽選を行い当選者を決定いたします。
  また、当選者の発表は、招待券の発送をもってかえさせて頂きます。
※写真の無断転載を禁じます。

 

Total:874 Today:1 Yesterday:4