G-Callお得な特典

無料ご招待(プレゼント)

特別展「𠮷本作次 絵画の道行き」


抽選でペア5組10名様をご招待!   応募受付終了しました。
特別展「𠮷本作次 絵画の道行き」
≪田園の宴会≫2008年
2024年4月6日(土)〜6月9日(日)まで名古屋市美術館にて特別展「𠮷本作次 絵画の道行き」が開催されます。
※交通費等はお客様ご自身でご負担願います。
1980年代、美術の分野において、空間を演出するインスタレーションという展示形式が隆盛していく中、大画面に「物語」を紡ぐ具象絵画の一群が現れました。「絵画の復権」を強く印象づけた国際的な動向でもある“ニュー・ペインティング”の流れに乗り、名古屋において鮮烈なデヴューを果たしたのが画家・𠮷本作次(1959年、岐阜県生まれ)です。うねりを伴う力強いストローク(筆触)と重厚な質感、それとは対照的なグラフィカルなイメージや浮遊するような形態が展開する大画面の作品で注目を集めました。
1990年代以降は、新たな表現の模索のためドローイングを繰り返し、中国絵画の筆法から「線」の要素を取り入れていきます。またルネサンス以降のヨーロッパ絵画の主題と構図に着目し、静けさとダイナミズムを併せ持つ表現と寓話的画題へ変貌を遂げました。2005年からは名古屋芸術大学教授を務め、絵画論の講義を担当するなど、理論と実技指導の両面から後進の育成にあたっています。本展では、絵画、ドローイングあわせて約200 点の作品を通して、1980年代以降の日本の現代美術における絵画の展開を知る上でも欠くことのできない存在である画家の独自の「道行き」を紹介します。


《森の学者》 2020年 ※画像・写真の無断転載を禁じます



《日没の牧人》 2011年 ※画像・写真の無断転載を禁じます
- 開催概要 -
名 称
特別展「𠮷本作次 絵画の道行き」
会 場
 
名古屋市美術館
〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-25 【芸術と科学の杜・白川公園内】
会場URL
 
会 期
 
2024年4月6日(土)〜6月9日(日)
開館時間
 
9:30〜17:00、5 月3 日(金・祝)を除く金曜日は20:00 まで ※入場は閉館の30 分前まで
休館日
 
月曜日[4 月29 日(月・祝)、5 月6 日(月・休)は開館]、4 月30 日 (火)、5 月7 日(火)
観覧料
 
一般1,500(1,300)円、高大生900(700)円、中学生以下無料
※( )内は前売及び20 人以上の団体料金
交 通
 
•地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車、5番出口から南へ徒歩8分
•地下鉄鶴舞線「大須観音」下車、2番出口から北へ徒歩7分
•地下鉄名城線「矢場町」下車、4番出口から西へ徒歩10分
主 催
 
名古屋市教育委員会・名古屋市美術館、読売新聞社、メ〜テレ
協 賛
 
名古屋芸術大学
協 力
 
ケンジタキギャラリー、名古屋市交通局
後 援
 
名古屋市立小中学校PTA 協議会
※応募者多数の場合は、厳正な抽選を行い当選者を決定いたします。
  また、当選者の発表は、招待券の発送をもってかえさせて頂きます。
※写真の無断転載を禁じます。

 

Total:97 Today:1 Yesterday:0