G-Callお得な特典

無料ご招待(プレゼント)

日本刀の華 備前刀


抽選でペア5組10名様をご招待!   応募受付終了しました。
日本刀の華 備前刀
重要文化財 古備前高綱太刀 鎌倉時代(12〜13世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】
※写真の無断転載を禁じます
2019年4月13日(火)から6月2日(日)まで、静嘉堂文庫美術館にて「日本刀の華 備前刀」が開催されます。
※交通費等はお客様ご自身でご負担願います。
朱塗鞘打刀拵(古備前高綱太刀付属) 桃山時代(16世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】※写真の無断転載を禁じます


一文字守利太刀 鎌倉時代(13世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】※写真の無断転載を禁じます


十二支図三所物 後藤乗真 室町時代(16世紀)
静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】※写真の無断転載を禁じます


国宝 曜変天目 中国・南宋時代(12〜13世紀)
静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】「写真の無断転載を禁じます」


日本刀の主要製作地(山城・大和・備前・相模・美濃)のうち、備前(岡山県南東部)は、上質な原料や水運の利に恵まれ、平安時代より優れた刀工を輩出し、圧倒的な生産量を誇ったことから、今日「刀剣王国」と称されています。備前刀の特徴は、「腰反(こしぞ)り」の力強い姿と、杢目(もくめ)を主体とした精緻な地鉄(ぢがね)に、「丁子乱(ちょうじみだ)れ」と呼ばれる変化に富んだ刃文とされています。その豪壮にして華やかな作風は、鎌倉武士や戦国武将たちをはじめ、多くの人々を魅了してきました。
本展では、「備前刀の宝庫」として知られる静嘉堂の蔵刀を中心に、重要文化財4振、重要美術品11振を含む在銘作約30振を精選し、「古備前(こびぜん)」と呼ばれる初期の刀工群から、一文字・長船・畠田・吉井・鵜飼など各流派による作風の展開をたどっていきます。あわせて、江戸時代に幕府の御用をつとめた後藤家歴代とその門流(脇後藤)による刀装具を展示します。さらに国宝「曜変天目(「稲葉天目」)」を特別出品いたします。
- 開催概要 -
名 称
日本刀の華 備前刀
会 場
 
静嘉堂文庫美術館
〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1
会場URL
 
会 期
 
2019年4月13日(火)〜6月2日(日)
開館時間
 
午前10時〜 午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日
 
毎週月曜日(ただし、4月29日・5月6日は開館)、5月7日(火)
観覧料
 
一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料 ※20名様以上の団体は200円割引
交 通
 
最寄り駅は東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅です。
そこからバスまたはタクシーでお越しください。
問合せ
 
03-5777-8600(ハローダイヤル)※英語版も共通
主 催
 
静嘉堂文庫美術館
※応募者多数の場合は、厳正な抽選を行い当選者を決定いたします。
  また、当選者の発表は、招待券の発送をもってかえさせて頂きます。
※写真の無断転載を禁じます。

 

Total:774 Today:1 Yesterday:1