G-Callお得な特典

無料ご招待(プレゼント)

書物にみる海外交流の歴史〜本が開いた異国の扉〜


抽選でペア5組10名様をご招待!   応募受付終了しました。
書物にみる海外交流の歴史
重要文化財 『南華真経注疏』晋・郭象注 唐・成玄英疏 南宋時代(13世紀)
静嘉堂文庫蔵【全期間展示】※写真の無断転載を禁じます。
2019年6月22日(土)から8月4日(日)まで、静嘉堂文庫美術館にて「書物にみる海外交流の歴史〜本が開いた異国の扉〜」が開催されます。
※交通費等はお客様ご自身でご負担願います。
『毛詩(鄭箋)』漢・毛享伝 鄭玄箋 清原宣賢点 室町時代(16世紀) 静嘉堂文庫蔵 【全期間展示】※写真の無断転載を禁じます。


『日本創製銅版新鐫 天球全図』のうち「天球図(部分)」司馬江漢 江戸時代・寛政8年(1796)頃
静嘉堂文庫蔵 【全期間展示】※写真の無断転載を禁じます。


『伊曽保物語』江戸時代・慶長中期(1600年前後)静嘉堂文庫蔵 【全期間展示】※写真の無断転載を禁じます。


『英和対訳袖珍辞書』堀達之助 江戸時代・文久2年(1862)静嘉堂文庫蔵 【全期間展示】※写真の無断転載を禁じます。


2020年、いよいよ東京でオリンピックが開催されます。この大イベントを控え、改めて日本と海外との交流の歴史を、本を通して振り返ってみようという展示です。周囲を海に囲まれた国、日本。しかしそれにも関わらず、この列島はその長い歴史を通して他国との往来が途絶えたことはありませんでした。日本文化の根幹を成す漢字・仏教なども、言うまでもなく”外来文化”でした。日本の歴史と文化は、絶え間なく続けられてきた海外との交流の中で育まれてきたものと言えるでしょう。古代以来、我が国の文化は大陸や半島の影響を大きく受けてきました。更に江戸時代には西洋からもたらされる情報も大きな力を持つようになりました。では、それらの交流は、どのような形で本の中に現れているのでしょうか。本展では、日本の歴史と文化の基層を成す海外との多彩な交流の姿を、さまざまな書物の中で辿ります。
- 開催概要 -
名 称
書物にみる海外交流の歴史〜本が開いた異国の扉〜
会 場
 
静嘉堂文庫美術館
〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1
会場URL
 
会 期
 
2019年6月22日(土)〜8月4日(日)
開館時間
 
午前10時〜 午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日
 
毎週月曜日(ただし、7月15日は開館)、7月16日(火)
観覧料
 
一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料 ※20名様以上の団体は200円割引
交 通
 
最寄り駅は東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅です。
そこからバスまたはタクシーでお越しください。
問合せ
 
03-5777-8600(ハローダイヤル)※英語版も共通
主 催
 
静嘉堂文庫美術館
※応募者多数の場合は、厳正な抽選を行い当選者を決定いたします。
  また、当選者の発表は、招待券の発送をもってかえさせて頂きます。
※写真の無断転載を禁じます。

 

Total:14562 Today:2 Yesterday:1