G-Callお得な特典

無料ご招待(プレゼント)

「岩家のお雛さま」展

抽選でペア3組6名様をご招待!   2021年2月12日(金)応募締切
「岩家のお雛さま」展
「岩家雛人形」のうち内裏雛 五世大木平藏 昭和時代初期(20世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期】
「写真の無断転載を禁じます」
2021年2月20日(土)から3月28日(日)まで、静嘉堂文庫美術館にて「岩家のお雛さま」展が開催されます。
※交通費等はお客様ご自身でご負担願います。
「立雛」 江戸時代後期(18〜19世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期】
「写真の無断転載を禁じます」


「享保雛」 江戸時代後期(18〜19世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期】
「写真の無断転載を禁じます」


「犬筥」 江戸時代後期(18〜19世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期】
「写真の無断転載を禁じます」


「紅白梅図屏風」 伝 尾形光琳
江戸時代中期(18世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期】
「写真の無断転載を禁じます」


3月3日は桃の節句。かわいらしい人形や小さな道具を飾り楽しむ「雛祭り」の風習は、江戸時代に広まり、現代まで連綿と続いています。

三菱第四代社長・岩小彌太(1879〜1945)が孝子夫人(1888〜1975)のために誂えた雛人形は、京都の人形司・丸平大木人形店によるものです。内裏雛は、白くつややかで丸い顔が愛らしい幼児の姿をしています。岩家の替紋である花菱文が各所にあしらわれた雛道具は精緻に作られ、段飾りに花を添えたことでしょう。これら贅を尽くした岩家の雛人形・雛道具は当時の技術の粋を集めた、貴重な美術工芸品といえます。

このほか、本展では、春を愛でる絵画・工芸品も合わせて展示します。日本画家・前田青邨(1885〜1977)に絵の手ほどきを受けた小彌太が描いた絵画や蒐集した名品、静嘉堂の庭園で花開く梅もお楽しみください。

そして、春爛漫の本展は、丸の内・明治生命館への展示ギャラリー移転に向けた、現在の地で開催するセカンドラスト(最後から2番目)の展覧会です。
<応募条件>
過去一年以内にG-Callサービスをご利用されているお客様
※ご利用のない方は、G-Callサービスをご利用の上、ご応募ください。⇒G-CallTOPページはこちら

- 開催概要 -
名 称
「岩家のお雛さま」展
会 場
 
静嘉堂文庫美術館
〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1
会場URL
 
会 期
 
2021年2月20日(土)〜3月28日(日)
開館時間
 
10時〜16時30分(入館は16時まで)
休館日
 
月曜日
観覧料
 
一般1000円、大高生及び障害者手帳をお持ちの方(同伴者1名を含む)700円、中学生以下無料
交 通
 
最寄り駅は東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅です。
そこからバスまたはタクシーでお越しください。
問合せ
 
050-5541-8600(ハローダイヤル)※英語版も共通
主 催
 
公益財団法人 静嘉堂
※応募者多数の場合は、厳正な抽選を行い当選者を決定いたします。
  また、当選者の発表は、招待券の発送をもってかえさせて頂きます。
※写真の無断転載を禁じます。

 

Total:147 Today:2 Yesterday:3