G-Callお得な特典

無料ご招待(プレゼント)

没後20年 まるごと馬場のぼる展
描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!


抽選でペア5組10名様をご招待!   応募受付終了しました。
没後20年 まるごと馬場のぼる展
『11ぴきのねことあほうどり』こぐま社、1972年刊 印刷原稿 特色刷り校正用リトグラフ・紙 こぐま社蔵
2021年7月25日(日)から9月12日(日)まで、練馬区立美術館にて「没後20年 まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!」が開催されます。
※交通費等はお客様ご自身でご負担願います。
『11ぴきのねことぶた』こぐま社、1976年刊 印刷原稿 特色刷り校正用リトグラフ・紙 こぐま社蔵


『ぶたたぬききつねねこ』こぐま社、1978年刊 原画 墨、水彩・紙 こぐま社蔵


紙ふうせん(小学校5年生時作)1938年 水彩・紙 青森県三戸町蔵


絵本「11ぴきのねこ」シリーズで知られる漫画家・馬場のぼる(1927〜2001)を、様々な側面から紹介する展覧会を開催します。馬場は青森県三戸町に生まれ、1949年漫画家を目指して上京します。1950年には少年誌でいち早く連載漫画を手がけ、手犲C遏∧^羆儖譴箸箸發法峪童漫画界の三羽ガラス」と呼ばれるほどの人気を博しました。児童漫画界の主流が活劇モノに変化し始めると、大人向けの漫画雑誌に連載しながら、徐々に絵本の世界に活動の場を移します。1967年に刊行された『11ぴきのねこ』(こぐま社)はロングセラーとなり、現在まで絵本のみならずキャラクターグッズや人形劇など様々な媒体を通し、世代を超えて愛されています。
馬場は1952年から亡くなるまで約50年間練馬区に居住した、地域ゆかりの作家でもあります。自宅には膨大な日記やスケッチブックが残されていました。これら資料の中からは、街で見かけた人々や庭の花、新作のアイディアなど、日々の視点や試行錯誤の跡が垣間見られます。本展では、絵本や漫画の仕事を紹介するとともに、50年分のスケッチブックや、楽しみのために制作した絵画、立体作品、また交友関係などを紹介し、人としての馬場のぼるにまるごと焦点を当てます。「描いてつくって楽しんだ」一人の漫画家の軌跡をご覧ください。
- 開催概要 -
名 称
没後20年 まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!
会 場
 
練馬区立美術館
東京都練馬区貫井1丁目36番16号
会場URL
 
会 期
 
2021年7月25日(日)〜9月12日(日)
開館時間
 
休館日
 
観覧料
 
一般1,000円、高校・大学生および65〜74歳800円、中学生以下および75歳以上無料、障害者(一般)500円、障害者(高校・大学生)400円、団体(一般)800円、団体(高校・大学生)700円
※一般以外のチケットをお買い求めの際は、証明できるものをご提示ください。(健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)
※障害がある方の付き添いでお越しの場合、1名様までは障害者料金でご観覧いただけます。
※団体料金は、20名様以上の観覧で適用となります。
交 通
 
■ 鉄道
西武池袋線(東京メトロ有楽町線・副都心線 直通)
「中村橋」駅下車 徒歩3分
■ バス
関東バス「中村橋駅」停留所より徒歩5 分
阿佐ヶ谷駅北口 ‒ 中村橋駅【阿01】系統終点
荻窪駅北口 ‒ 中村橋駅【荻06】系統終点
荻窪駅北口 ‒ 練馬駅【荻07】系統「中村橋駅」下車
※駐車場はございません。(美術館周辺にコインパーキングがあります)
主 催
 
練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
特別協力
 
こぐま社
協力
 
青森県三戸町
企画協力
 
アドシステム
※応募者多数の場合は、厳正な抽選を行い当選者を決定いたします。
  また、当選者の発表は、招待券の発送をもってかえさせて頂きます。
※写真の無断転載を禁じます。

 

Total:797 Today:1 Yesterday:0