G-Callお得な特典

無料ご招待(プレゼント)

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜
― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン


抽選でペア5組10名様をご招待!   応募受付終了しました。
イスラエル博物館所蔵 印象派
ギュスターヴ・クールベ《海景色》1869年、油彩/カンヴァス、54.0 x 66.5 cm、イスラエル博物館蔵
Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner
2021年10月15日(金)から2022年1月16日(日)まで三菱一号館美術館にて「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン」が開催されます。
※交通費等はお客様ご自身でご負担願います。
アルフレッド・シスレー《ロワン川のほとり、秋の効果》1881年、油彩/カンヴァス、65.7 x 81.7 cm、イスラエル博物館蔵
Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Max Richardson


ジャン=バティスト・カミーユ・コロー《川沿いの町、ヴィル=ダヴレー》1855-56年頃、油彩/カンヴァス、44.5 x 73.5 cm、イスラエル博物館蔵
Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Einat Arif & Yossi Galanti


フィンセント・ファン・ゴッホ《麦畑とポピー》1888年、油彩/カンヴァス、54.5 x 65.0 cm、イスラエル博物館蔵
Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner


レッサー・ユリィ《夜のポツダム広場》1920年代半ば、油彩/カンヴァス、79.6 x 100.0 cm、イスラエル博物館蔵
Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital


約50万点の文化財を所蔵するイスラエル博物館は、印象派も珠玉のコレクションを誇ります。本展は同館から、印象派に先駆けたコロー、クールベ、ブーダン、そしてモネ、ルノワール、シスレー、ピサロ、この流れを発展させたポスト印象派のセザンヌ、ゴッホ、ゴーガン、さらに印象派の光と色彩の表現を独特の親密な世界に移し変えたナビ派のボナールやヴュイヤールの作品約70点を厳選し、印象派の光の系譜をたどります。
- 開催概要 -
名 称
イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
会 場
 
三菱一号館美術館
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
会場URL
 
会 期
 
2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
開館時間
 
10時〜18時 (祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21時まで)
休館日
 
月曜日と年末年始の12月31日、2022年1月1日 (但し、10/25・11/2 9・12/27[トークフリーデー]と1/3・1/10は開館)
観覧料
 
一般1,900円 大学生・高校生 1,000円 中学生・小学生 無料
※障がい者手帳をお持ちの方は半額、付添の方1名まで無料

マジックアワーチケット:毎月第2水曜日17時以降は1,200円
※マジックアワーチケットは、実施月の1日に「Webket」内にて販売開始となります 。   
交 通
 
•JR「東京」駅(丸の内南口)徒歩5分
•JR「有楽町」駅(国際フォーラム口)徒歩6分
•東京メトロ千代田線「二重橋前」駅(1番出口)徒歩3分
•東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(D3/D5出口)徒歩6分
•都営三田線「日比谷」駅(B7出口)徒歩3分
•東京メトロ丸ノ内線「東京」駅(地下道直結)徒歩6分
問合せ
 
050-5541-8600(ハローダイヤル)
主 催
 
三菱一号館美術館、イスラエル博物館(エルサレム)、産経新聞社
後 援
 
イスラエル大使館
協賛
 
DNP大日本印刷
協力
 
野崎印刷紙業
※応募者多数の場合は、厳正な抽選を行い当選者を決定いたします。
  また、当選者の発表は、招待券の発送をもってかえさせて頂きます。
※写真の無断転載を禁じます。

 

Total:1145 Today:1 Yesterday:0