G-Callお得な特典


無料ご招待(プレゼント)

スイス プチ・パレ美術館展
印象派からエコール・ド・パリへ

スイス プチ・パレ美術館展 印象派からエコール・ド・パリへ
展覧会ポスター
 
2022年7月6日(水)応募締切
抽選でペア5組10名様をご招待!
2022年7月13日(水)から10月10日(月・祝)まで、SOMPO 美術館にて「スイス プチ・パレ美術館展 印象派からエコール・ド・パリへ」が開催されます。
※交通費等はお客様ご自身でご負担願います。

オーギュスト・ルノワール 《詩人アリス・ヴァリエール=メルツバッハの肖像》 1913年 油彩・カンヴァス 92×73 cm ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE



ギュスターヴ・カイユボット 《子どものモーリス・ユゴーの肖像》 1885年 油彩・カンヴァス 73×60 cm ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE



アンリ=エドモン・クロス 《糸杉のノクチューン》 1896年 油彩・カンヴァス 65×92 cm ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE



モーリス・ドニ 《休暇中の宿題》 1906年 油彩・カンヴァス 94×73 cm ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE



モイズ・キスリング 《サン=トロペのシエスタ》 1916年 油彩・カンヴァス 90×110 cm ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE

画像写真の無断転載を禁じます

スイスのジュネーヴにあるプチ・パレ美術館が収蔵する19世紀後半から20世紀前半にかけてのフランス近代絵画をご紹介する展覧会です。創設者である実業家オスカー・
ゲーズ氏は熱心な美術蒐集家であり、1968年にプチ・パレ美術館を開設し、そのコレクションを公開しました。プチ・パレ美術館は創設者の逝去後、現在まで休館しており、
同館の収蔵品展が日本で開催されるのは約30年ぶりのことです。
 プチ・パレ美術館は、ルノワールやユトリロといった有名な作家に加えて、あまり知られていなかった画家たちによる優れた絵画も数多く収蔵しています。世紀転換期のパリ
では、印象派や新印象派、ナビ派、フォーヴィスム、キュビスム、エコール・ド・パリなどのさまざまな絵画運動が生まれ、絵画における実験的な表現方法が探究されました。
本展覧会は、そのようなフランス近代絵画の流れを、38名の画家による油彩画65点という充実したラインナップによって展望するものです。
<応募条件>
過去一年以内にG-Callサービスをご利用されているお客様
※ご利用のない方は、G-Callサービスをご利用の上、ご応募ください。⇒G-CallTOPページはこちら

- 開催概要 -
名 称
スイス プチ・パレ美術館展 印象派からエコール・ド・パリへ
会 場
 
SOMPO美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
会場URL
 
会 期
 
2022年7月13日(水)〜10月10日(月・祝)
開館時間
 
午前10 時〜午後6 時(最終入館は午後5 時 30 分まで)
休館日
 
月曜日(ただし7月18日、9月19日、10月10日は開館)
観覧料
 
一般:1,600 円、 大学生:1,100 円、 高校生以下無料
※ チケットは公式電子チケット「アソビュー!」(日時指定券)、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあなどでお買い求めいただけます。詳細は美術館ホームページをご確認ください。
※ 身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方はご本人とその介助者1名は無料、被爆者健康手帳をお持ちの方はご本人のみ無料
交 通
 
JR新宿駅西口から徒歩5分
東京メトロ新宿駅から徒歩5分
東京メトロ西新宿駅C13出口から徒歩6分
西武新宿線西武新宿駅から徒歩7分
大江戸線都庁前駅A1出口から徒歩7分
問合せ
 
050-5541-8600(ハローダイヤル)
主 催
 
SOMPO 美術館、フジテレビジョン
協 賛
 
損保ジャパン
企画協力
 
ホワイトインターナショナル
後 援
 
在日スイス大使館、新宿区
※応募者多数の場合は、厳正な抽選を行い当選者を決定いたします。
  また、当選者の発表は、招待券の発送をもってかえさせて頂きます。
※写真の無断転載を禁じます。

 

Total:366 Today:4 Yesterday:9