G-Call 催し物のお知らせ

 
みみをすます 
〜俊太郎の詩の朗読と賢作のピアノの一夜〜
共催:ペトロフピアノ正規代理店(株)ピアノプレップ
みみをすます 〜俊太郎の詩の朗読と賢作のピアノの一夜〜

日本を代表する詩人、谷川俊太郎さんがG−Callサロンに登場。
俊太郎さんの詩の朗読と子息の谷川賢作さんのピアノ演奏の一夜。
心ゆくまで朗読の響きとピアノの調べをお楽しみください。

当日はチェコの名器、ペトロフピアノ、モデルP173 Breeze Chippendaleをお借りします。
ペトロフの日本の正規代理店(株)ピアノプレップの代表の山内様が、ペトロフの白金台サロンが近所にあるご縁で、G-Callサロンのイベントにお越しいただき、今回ペトロフをお借りする運びとなりました。

ペトロフについて

谷川俊太郎プロフィール

1931年東京生まれ。詩人。
1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。
1962年「月火水木金土日の歌」で第四回日本レコード大賞作詞賞、
1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、
1982年『日々の地図』で第34回読売文学賞、
1993年『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、
2010年『トロムソコラージュ』で第1回鮎川信夫賞など、受賞・著書多数。
詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表。
近年では、詩を釣るiPhoneアプリ『谷川』や、 郵便で詩を送る『ポエメール』など、詩の可能性を広げる新たな試みにも挑戦している。
最新刊は詩集『詩に就いて』『あたしとあなた』

谷川賢作プロフィール

1960年東京生まれ。ジャズピアノを佐藤允彦に師事。演奏家として、現代詩をうたうバンド「DiVa」ハーモニカ奏者続木力とのユニット「パリャーソ」、また父である詩人の谷川俊太郎と朗読と音楽のコンサートを全国各地で開催。
80年代半ばより作・編曲の仕事をはじめ、映画「四十七人の刺客」「竜馬 の妻とその夫と愛人」NHK「その時歴史が動いた」テーマ曲等。88、95、97年に日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。
近年では、06年びわ湖ホール制作 「雷の落ちない村」の音楽監督(コンサートライブCD「雷の落ちない村」13年7月にリリース)ピアニスト舘野泉に組曲「スケッチ・オブ・ジャズ」を献呈。画家、山本容子の絵とエッセイで綴る「Jazzing」の音楽 プロデュース。兵庫県立芸術文化センター制作の音楽劇「赤毛のアン」富山県文化振興財団委嘱作品「少年少女のための交響詩〜めざめる羽 はばたく四季〜」 (作詩/覚和歌子)2009年3月初演。金沢ジュニアオペラスクール第二期音楽監督。兵庫県立ピッコロ劇団「星つむぎの歌」「ピッコロ版・星の王子さま」
映画「カミハテ商店」(2013おおさかシネマフェスティバル音楽賞受賞作品、監督・山本起也)2015年度船橋市文化芸術ホール芸術アドバイザー。
最新刊「パリャーソ・谷川賢作曲集」最新CDはDiVa「うたがうまれる」(TRBR-0016)音楽を担当した最新映画「袴田厳 夢の間の世の中」(監督・金聖雄)16年2月公開。
谷川賢作オフィシャルサイト⇒<クリック>
連載中のコラム「ほめちぎっちゃうぞっ!」⇒<クリック>

みみをすます〜俊太郎の詩の朗読と賢作のピアノの一夜 チラシを印刷できます。
時       間:6月16日(木)  開場:18:30    開始:19:00
募集人数:50名  終了しました。
参加費:3,500円(税抜) 1ドリンク付き
開催場所: G-Call サロン
               (東京デザインセンター5階)
アクセス:  
JR山手線五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線五反田駅A7出口正面
東急池上線五反田駅より徒歩3分


Total:5149 Today:3 Yesterday:6