|   ポリシー  |  English  |  海外居住者向けサービス  |  Yahoo!  |  google  |  MSN  |  人材募集  |  提携企業募集  |

G-Call 催し物のお知らせ

 
溝口肇&鈴木大介 チェロ・ギターデュオリサイタル
溝口肇&鈴木大介 チェロ・ギターデュオリサイタル

チェリスト溝口肇が再び登場。
今回はギタリスト鈴木大介とデュオで登場。
どんなアンサンブルを2人が奏でるのか乞うご期待!

■溝口肇 プロフィール
チェリスト・作曲家、プロデューサー。東京生まれ。

カラヤンをテレビで見て3歳からピアノを始める。パブロカザルスが国連議会場での「鳥の歌」演奏をテレビで観たこともきっかけとなり、11歳よりチェロを始める。
東京芸術大学音楽学部器楽科チェロ専攻卒業。

23歳の時に自身が起こした自動車事故によってムチウチ症となり、その苦しみから逃れるためシンセサイザーで「眠るための音楽」を作曲し始める。その後「眠るための音楽」は自分自身のソロ楽曲として書きためられ、1986年『ハーフインチデザート』(Halfinch Dessert)でソニーからデビュー。以後、クラシック、ポップス、ロックなど幅広いジャンルで演奏・制作活動を展開。作品には映画音楽やテレビ番組の音楽として用いられているものが多く、29年続いているテレビ番組「世界の車窓から」のテーマ曲はあまりにも有名。 また日本たばこピースライト、ギャラクシ−企業イメ−ジのCMにも出演し、多くの人々にその姿と音楽を印象づけることになった。テレビ、ラジオ等に数多く出演しており、スマートな語り口は好評で、FM番組のDJレギュラーも4番組経験がある。テレビでは旅番組に数多く出演している。



■鈴木大介プロフィール
作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。

【主な受賞歴】
マリア・カナルス国際コンクール第3位
アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。
 
武満徹、池辺晋一郎、猿谷紀郎、西村朗、伊佐治直、林光ら、多くの作曲家による新作を初演しているほか、都立現代美術館、国立新美術館、ブリヂストン美術館など美術館でのコンサートも数多く行っている。
斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作はいずれも高い評価を受け、2005年度芸術祭優秀賞(レコード部門)を受賞。ピアソラ没後20年となる2012年に、世界でも例を見ない多重録音による「タンゴ組曲」を収録した「アディオス・ノニーノ〜アストル・ピアソラ作品集」をリリース。第10回出光音楽賞、平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。

・G-Callアーティスト紹介はこちら
・鈴木大介 公式ブログはこちら

時       間:1月27日(金)  開場:18:30    開始:19:00
募集人数:80名 
参加費:3,500円(税抜) 1ドリンク付き
開催場所: G-Call サロン
               (東京デザインセンター5階)
アクセス:  
JR山手線五反田駅東口より徒歩2分
都営浅草線五反田駅A7出口正面
東急池上線五反田駅より徒歩3分


Total:1026 Today:2 Yesterday:2