G-Callショッピング

カートを見る

プロフィール
チェリスト・作曲家、プロデューサー。東京生まれ。

カラヤンをテレビで見て3歳からピアノを始める。パブロカザルスが国連議会場での「鳥
の歌」演奏をテレビで観たこともきっかけとなり、11歳よりチェロを始める。
中学・高校時代はロックバンドを組みキーボードを担当。コピーバンドとしてディープ
パープル、ビートルズなど様々なジャンルの音楽に接する。これらポップス、クラシッ
クと様々な音楽の経験が、後の溝口肇の音楽性の「核」となる。
東京芸術大学音楽学部器楽科チェロ専攻卒業。 学生時代から八神純子などのサポート
メンバーを務めることにより、ポップミュージックの魅力を改めて知る。大学卒業後
スタジオミュージシャンとなり6年ほど様々なレコーディングに携わる。
23歳の時に自身が起こした自動車事故によってムチウチ症となり、その苦しみから逃れ
るためシンセサイザーで「眠るための音楽」を作曲し始める。その後「眠るための音楽」は
自分自身のソロ楽曲として書きためられ、1986年『ハーフインチデザート』(Halfinch
Dessert)でソニーからデビュー。 以後、クラシック、ポップス、ロックなど幅広い
ジャンルで演奏・制作活動を展開。作品には映画音楽やテレビ番組の音楽として用いら
れているものが多く、29年続いているテレビ番組「世界の車窓から」のテーマ曲はあまり
にも有名。 また日本たばこピースライト、ギャラクシ−企業イメ−ジのCMにも出演
し、多くの人々にその姿と音楽を印象づけることになった。テレビ、ラジオ等に数多く
出演しており、スマートな語り口は好評で、FM番組のDJレギュラーも4番組経験が
ある。テレビでは旅番組に数多く出演している。
所有している楽器は1723年のアレキサンドロ ガリアノ(ナポリ)で「アンジェラ」と命名して愛用している。

溝口肇のベーシックは作曲とチェロ演奏だが、デビュー29年の経験は活動の幅や表現方法も音楽だけに留まらず、あらゆる分野での可能性をさらに模索している。 自身の音楽を「心の覚醒」と位置付け、自分自身はもちろん聴く人にとっての何かのきっかけでそして 彼の奏でるチェロの美しさ、そのホスピタリティあふれるサウンドは、ジャンルを越えて多くの人を魅了し続け、ミュージックシーンに独自のスタンスを確立している。
代表作品その他

テーマ曲(2015年度)
世界の車窓から(テレ朝)
ソロモン流(テレ東)
ヨーロッパ空中散歩(BSフジ)
ジェットストリーム(T-FM)
CD作品
Solo Album 34枚
Soundtrack 47枚
CM出演
「日本たばこ ピースライト」「ギャ
ラクシー企業イメージ」
FM番組
「ポップセンサー」T- FM
「アーティスティックナイト」 FM福岡
「水の中のオアシス」 FM横浜
「La Muse 」T-FM
TV出演
中居正広のミになる図書館
快傑えみちゃんねる
公園通りで会いましょう
お宝鑑定団
僕らの音楽
わが心の旅、道浪漫、他
執筆
大人の上質
溝口肇オフィシャルHPはこちら


Total:4466 Today:4 Yesterday:4