今だけお得!G-Callふるさと納税 寄附額の1%G-Callポイントプレゼント!※2024年8月末まで

詳細はこちら

愛知県名古屋市

愛知県名古屋市のご紹介

愛知県名古屋市

 
名古屋(なごや)は日本のほぼ中央に位置し、人口が230万人を超える中部地方の政治・経済・文化の中枢都市です。熱田神宮や織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑、尾張徳川家に代表される歴史や文化は、名古屋の魅力や活力の礎となっています。
現在は、武将ゆかりの歴史・文化やなごやめしを目的に多くの方が名古屋を訪れるなど、名古屋の魅力は国内外に広がってきています。また、アジア競技大会の開催や、リニア中央新幹線の品川−名古屋間の開業も予定されており、人々の交流と地域経済のさらなる発展が期待されます。

愛知県名古屋市の見どころ
■東山動植物園
レッサーパンダ舎や国指定重要文化財温室前館など、目玉施設が続々オープンし、来園者数も約234万人(令和元年度)に達する東山動植物園。国内最多となる約450種の動物と約7,000種の植物を擁し、もっと身近に、もっと楽しく、自然とふれあうことの大切さを伝えていきます。

■名古屋城
名古屋城は、徳川家康の命により築城が行われ、1930年には城郭として初めて国宝に指定されましたが、太平洋戦争により天守などの主要な建造物は惜しくも焼失してしまいました。現在の天守閣は、再建された鉄筋鉄骨コンクリート造の建造物ですが、設備の老朽化などの課題を克服するととともに、特別史跡名古屋城跡の本質的価値の理解を促進するため、天守閣の木造復元を進めています。

■なごやめし
ひつまぶし、味噌カツ、手羽先など名古屋および近郊で愛されてきた当地域独特のメニュー。「なごやめし」は食事のメニューだけにとどまらず、ういろうなどの菓子類や喫茶店のモーニングといった食習慣も含みます。日本のど真ん中にありながら、全国の中でもとびきり個性的。気軽に食の異文化体験ができるのも「なごやめし」の魅力です。(写真提供:なごやめし普及促進協議会)

【重要:年末のお取り扱いにつきまして】

【寄附金受領証明書の発送について】
令和5年の寄附が完了された寄附者様には、順次、寄附金受領書等の書類を送付させて頂きます。

【ワンストップ特例申請をされる方】
令和5年12月17日までにご寄附いただいた方で、申込時にご希望された場合は、合わせてワンストップ特例申請用紙も同封いたします。
令和5年12月18日〜12月31日にご寄附いただいた方には、ワンストップ特例申請用紙の同封はございませんので、下記【ワンストップ特例申請書DL】よりワンストップ特例申請用紙をダウンロード・ご記入いただき、下記提出先宛に令和6年1月10日まで(必着)に必要書類添付の上、不備のない書類の提出をお願いします。
なお、名古屋市ではワンストップ特例オンライン申請サービスも行っております。寄附金受領書に詳細書面を同封しておりますので、そちらをご確認ください。

【提出先】
〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号
 名古屋市役所 財政局財政部資金課 ふるさと納税担当宛 

 ※提出期限:令和6年1月10日必着
 ※詳細は、下記【ワンストップ特例申請について】をご参照下さい。
 ※恐れ入りますが、ワンストップ特例申請書送付に伴う切手は寄付者様にてご負担頂いております。

◆ワンストップ特例申請書DL
http://www.soumu.go.jp/main_content/000397109.pdf

「自治体マイページ(https://mypg.jp/join-list/)」に登録、ログインいただき「ワンストップ関連書類ダウンロード」メニューからダウンロード頂けますと、必要事項が記載された申請書を印刷することができます。非常に便利ですので、是非ご活用ください。
(寄付申込番号・メールアドレス・電話番号・自治体名の入力でログインが可能です。)

◆ワンストップ特例について(総務省)
総務省ホームページ

自治体から探す