熊本県高森町

ふるさと納税の使い道

皆様からいただいた寄附金は、下記の事業に活用させていただいております。

 

神武天皇の皇孫である健磐龍命(たけいわたつのみこと)が九州鎮護のために下向し、代々その子孫である阿蘇家一族の治下にありました。天正年間(1570年代)に入ると国内では兵乱が相次ぎ、強大を誇った阿蘇氏も薩摩の島津氏により攻略され、豊臣秀吉の天下統一後はその家臣である佐々成政、加藤清正の領地となりました。徳川時代は細川家の所領となり、その統治は明治初年にまで及びました。この細川藩政では各郡に郡代(郡奉行)が置かれ、本町は南郷郡代の管下となっています。郡は数区の手永に分割されており、本町管内は高森手永と野尻手永の支配下にありました。明治22年、市町村制の施行により、1町13村の行政区画が統合されて、高森町、色見村、草部村、野尻村の1町3村になりました。昭和28年、町村合併促進法が制定され、昭和30年4月、高森町、色見村、草部村が合併。続いて、昭和32年8月に野尻村が編入合併し、現在の高森町が誕生しました。

 

寄付金の使い道

々眇皇の魅力溢れる地域「宝物」を活かしたまちづくり事業


地場産業を活用した高森町のブランド力の向上及び広報事業

 

 
9眇皇ならではの元気な人づくり事業


ぅ┘鵐織甼罰Δ範携したまちづくり事業

 

 
シ本地震で被災した地域を支えるローカル線「南阿蘇鉄道」の全線復旧支援事業


Δ修梁勝△茲衫匹い佞襪気箸里泙舛鼎りに必要な事業

自治体から探す