兵庫県宍粟市

ふるさと納税の使い道

皆様からいただいた寄附は、下記の事業に活用させていただいております。

 

宍粟は何の略?
「宍粟」の名称は山崎町の中心部に残る地名・鹿沢(しかざわ)を古くは「ししさわ」と読んだことに由来する。 以後「ししさわ→ししあわ→しさわ→しそう」と変化し「ししあわ」に「宍禾」ないし「宍粟」の漢字が当てられたそうです。

宍粟市のキャラクター「しーたん」
平成20年10月1日生まれのしーたんは、
宍粟の豊かな森林(もり)に住んでいる「ささゆり」の帽子をかぶった女の子です。

 

1.環境及び景観の保全に係る事業
◆最上山公園等整備事業 ◆彩りの回廊プロジェクト事業 ◆再生可能エネルギー利用促進事業 ◆波賀城景観保全事業

2.観光資源の発掘及び利活用に係る事業
◆発酵のまちづくり事業 ◆発酵のまち推進事業 ◆市北部活性化事業

3.教育、文化及びスポーツの振興発展に係る事業
◆部活動活性化推進事業 ◆スクールソーシャルワーカー派遣事業 ◆サッカー教室事業 ◆ワールドマスターズゲームズ事業 など

4.少子化対策及び子育ての支援に係る事業
◆こども医療費無償化事業 ◆不妊治療ペア検査助成事業 ◆病児・病後児保育事業 ◆図書館児童用図書充実事業 など

5.福祉の増進及び医療の発展に係る事業
◆介護人材確保・定住対策事業 ◆開業医誘致補助事業◆がん患者アピアランスサポート事業◆骨髄等移植ドナー助成事業 など

6.産業の振興に係る事業
◆畑の講習会事業 ◆新規就農・定住促進事業

7.地域づくりに係る事業
◆地域おこし協力隊定住促進事業 ◆御形の里づくり事業 ◆ふるさと宍粟交付金事業

8.防災及び安全対策に係る事業
◆中学生交通安全教室事業 ◆気象観測情報システム更新事業 ◆防災と福祉連携促進事業 ◆地域防災力向上促進事業

9.特に指定しない(市長におまかせ)
活用事業のご指定がない場合は、市長が必要と認めた上記2.4.7のいずれかの事業へ活用させていただきます。

 

 

自治体から探す