G-Callショッピング

カートを見る

≪秋田比内地鶏≫ JA全農北日本くみあい飼料

美味の極上!日本三大美味鶏≪秋田比内地鶏≫
歯ごたえ!風味!脂のり!表示偽装がでる程に有名です。
比内地鶏ブランド認証の本物を直送でお届け!
屋号紹介
日本三大美味鶏≪秋田比内地鶏≫
内地鶏とは雄方に天然記念物「比内鶏」と雌方にロード種をかけ合わせたものです。比内鶏は、古くから秋田県の県北周辺で飼育されていた純粋な日本地鶏であり、その美味しさゆえ旧藩時代には年貢として納められていたほどでしたが、体が小さく、繁殖力も弱いため、必ずしも食用には向いていません。秋田県畜産試験場が、昭和48年から食用 としての研究に取組み、歯ごたえがあり「肉の味が濃い」、「濃厚な脂の旨み」など、比内鶏の特長を色濃く受け継いだ比内地鶏を誕生させました。比内地鶏は名古屋コーチン、薩摩地鶏とともに日本三大美味鶏といわれております。
≪秋田県比内地鶏ブランド認証制度≫
秋田県が比内地鶏の表示偽装問題を受け、本物の比内地鶏であることを証明する認証制度です。比内地鶏の生産者や加工業者を対象に、日本農林規格(JAS)が定める地鶏の規定より厳しい生産や管理の基準を設けています。

1認証制度の運営について
(1)厳格な基準の遵守
○国の基準(特定JAS)よりも厳しい生産・管理基準の遵守
・素雛 秋田比内鶏(雄)とロード種(雌)の交配で作出された一代交雑種であること
・飼育期間
雌:ふ化日から150日間以上飼育していること
雄:ふ化日から100日間以上
・飼育方法   28日齢以降平飼いまたは放し飼いで飼育していること
・飼育密度   28日齢以降1平方メートル当たり5羽以下で飼育していること
(2)情報の開示と生産流通履歴の管理
○トレーサビリティ・システム(ロット単位)を組み入れ、履歴を遡及できる体制
○専用HP等を活用し、素雛・生産・処理加工の各段階において徹底して情報を開示
(3)監視・チェック体制
○認証事業者からの報告徴収と立入調査の実施
○平成21年度末までには、DNA識別を導入
JA全農北日本くみあい飼料
JA全農北日本くみあい飼料は、周辺部を山に囲まれ、雪の多い本県の中でも特に積雪の多い地域であり、管内には伝統的な手法で猟をする「マタギ」の文化が栄えた地域を有します。厳しい気候風土の中にあって、水と肥沃な大地からの恵みを活かし、稲作を中心にそれぞれの地区の特色ある取り組みが行われています。


Total:38663 Today:48 Yesterday:34