富士屋ホテル

屋号説明

箱根で紡ぐ、忘れられぬ旅の想い出。

屋号説明

140年の時を越え、
その物語は未来へ。

明治11年(1878年)、日本初の本格的リゾートホテルとして箱根・宮ノ下に誕生した富士屋ホテル。創業者の山口仙之助が築いた一棟の洋館は、数々の増改築を経て、箱根を象徴する壮大な建築群のホテルとなりました。
自然災害を含む幾多の大難をも乗り越え、平成九年(1997年)には建物の多くが登録有形文化財に。そして、二年以上に及ぶ大改修を経て、令和二年(2020年)、狄契賢疉抻硫哀曠謄襪誕生しました。

いにしえの趣や意匠、お客様をおもてなしする心はそのままに、より心地よい、くつろぎの時間を。これからも、クラシックホテルの先駆者として新たな歴史を刻んでまいります。

屋号説明

足を踏み入れた瞬間、
物語の主役になる。

お客様をお迎えするのは、本館ロビーフロア。
タイムスリップし、クラシック映画に入り込んだような空間が広がります。
差し込む陽光やゆったりとした時の流れを感じながら、非日常の時間がここから始まります。

屋号説明

歴史を感じさせながら、
居心地を追求した特別な空間。

リニューアルによって、ノスタルジックな趣を残しながらも、快適性を高めました。
趣の異なる4つの宿泊棟から、お好みのお部屋をお選びください。

屋号説明

ここでしか味わえない
旅を彩る一皿を。

フランス料理・日本料理・洋食の3つのレストランがございます。
それぞれ趣の異なる空間の中、「記憶に残る料理」をお愉しみください。