|   ポリシー  |  English  |  海外居住者向けサービス  |  Yahoo!  |  google  |  MSN  |  人材募集  |  提携企業募集  |

G-Callショッピング

カートを見る

syouryu

明治42年創業以来、寺院用のりんを専門に製造している
シマタニ昇龍工房の新ブランドです。

屋号紹介
シマタニ昇龍工房は、全国に10人に満たないりん職人が3人おり、
「金鎚で叩く」ことにより板を絞り、丸みを整え、音を調律することでりんを制作しています。
この「金鎚で叩く」技術により生まれてくる新しいアイテムを今後も作り続けていきます。
高岡の「けいす」(けいす、おりん、大金)の歴史
高岡鋳物の歴史は、高岡開町間もない慶長16年(1611)に前田利長が鋳物発祥の地である大阪府南河内郡付近の勅許鋳物師の流れをくむ、鋳物師7名を高岡市金屋町に招いたことがその始まりとされています。 はじめ高岡鋳物師は鍋釜、鋤鍬など鉄鋳物の製造をしていましたが、加賀藩支配の下、多くの特権を与えられ、江戸時代中期より、仏具や花瓶などの銅器製造も行われるようになりました。それに伴い、象嵌、鍛金、槌起などの技法を用いて鉄・銅などの金属製品全般を製造するようになりました。けいす製造は、江戸時代中期から後期ごろ始まり、最盛期には、職人が30人近くいたと伝えられています。 現在、けいす職人は、高岡に二代目,三代目,四代目昇龍の3人と他3人合計6人、日本全体でも、10人に満たない人数しかいません。 シマタニ昇竜工房は、創業明治42年より、けいす作り一筋、一子相伝により仏教伝来の伝統技法を今に伝えています。 けいす作りは、百余りある金槌や金床・当て金を用途に応じて使い分け、黄銅板を手作業によって形作ります。黄銅板を金槌で叩いて硬くなれば、焼き鈍して柔らかくい、また金槌で叩いては焼き鈍し作業を数十回繰り返し行うことにより、けいすの形を作ります。 その後、けいす作りにおいて一番重要な作業、調音作業をして完成します。調音作業は、職人が体得した勘のみを頼りに行う作業で、けいすの上部を金槌で叩いては音を聞き、また叩いては音を聞き、「甲・乙・聞(もん)」の3つの音のうねりを調音します。 昇竜のけいすは、永平寺(福井)、総持寺(神奈川)、総持寺祖院(石川)、南禅寺(京都)、成田山(福岡)など全国各地の寺院で使用されています。


初代昇龍 和吉:明治27年生まれ
明治42年 父 宗三郎のもと、けいすの製作に従事して初代昇龍を興す

二代目昇龍 粂吉:大正12年生まれ 
昭和21年 父 和吉のもとけいすの製作に従事する
昭和51年 経済産業大臣指定 伝統工芸品高岡銅器伝統工芸士 認定
平成5年 日本伝統工芸士会 会長 表彰
平成8年 高岡市伝統産業技術保持者指定
平成11年 中部経済産業局長 表彰
平成12年 勲七等青色桐葉賞 叙勲
平成12年 富山新聞 風雪賞 受賞
平成13年 高岡市市民功労賞 受賞

三代目昇龍 粂和:昭和22年生まれ
昭和41年 父 粂吉のもとけいすの製作に従事する
平成6年  経済産業大臣指定 伝統工芸品高岡銅器伝統工芸士 認定
平成10年 手打子組合会長 現在に至る
平成16年 高岡市美術館にて子の講演する
平成16年日本伝統工芸士会 会長表彰

四代目昇龍 好徳:昭和48年生まれ
平成8年 祖父 粂吉・父 粂和のもとけいすの製作に従事する




G-Callなら、ショッピングも、インターネットも、電話も、すべて一枚の請求書にまとまり便利です。

クレジットカード支払なのでラクラク安心! G-Callを生活の「充実」と「節約」にお役立てください。

         



Total:7321 Today:4 Yesterday:3