G-Callショッピング

カートを見る

古館由佳子

本場ハンガリーでも日本人でありながらその実力が認められ
ジプシー音楽創始者パンナの生まれかわりと称される
ヴァイオリニスト。
プロフィール
経歴
桐朋学園大学音楽学部を卒業。
94年に初めてジプシー楽団の音楽に接し、1年おきに日本公演を行っているラースロー・ベルキとジプシー楽団の演奏スタイルを独学で身につけ、ジプシー楽団創設の祖とされる女性ヴァイオリニスト、ツィンカ・パンナの生まれ替わりとしてベルキらから賞賛を受けるにいたった。
ベルキの楽団メンバーでチェリストのバルナバーシュ・ヴァイダの紹介により、ジプシー・ヴァイオリンの帝王としてハンガリーに君臨するラヨシュ・ボロシュの指導を受けた。彼らは、「ユカ」は正統的なジプシー・ヴァイオリンのテクニックとレパートリーを完全に有するヴァイオリニストとして折り紙をつけているが、それはこの録音を通して聴き手も実感するであろう。
(ラ−スロー・ベルキは、現在のハンガリーのジプシー楽団の大半を総結集させて作った「100人のジプシー・オーケストラ」の創設者として知られた。ジプシー楽団をコンサート・スタイルでプロデュースするなどの実績で知られたが、1997年に56歳で早世した。現在は彼の長男が父の名前を継いで活動している。
ラヨシュ・ボロシュは1925年生まれで、ジプシー楽団界の大御所として知られる。9歳の時から演奏活動を始め、10代の頃から複数の映画に出演するなどして、国内では早くからその名が知られた。その目ざましい活躍は、1972年に名ヴァイオリニストのイェフディ・メニューインが出演する映画「人間の音楽」に登場したことで、国外でも広く知れ渡った。ジプシー楽団の世界では人間国宝的存在の人物である。
バルナバーシュ・ヴァイダは、ベルキの楽団のチェリストとして長らく活動。100人のジプシー・オーケストラでも、チェロのトップとして活躍している。ジプシー楽団の中では比較的地味な役割のチェロに、その華やかな演奏でスポットをあてた功績は大きい。)


Total:12200 Today:9 Yesterday:4