G-Callショッピング

カートを見る

米吾

明治36年、鳥取県米子にて創業。
江戸時代まで遡る伝統と、特許製法で
唯一無二の味を突き詰めた逸品です。
屋号紹介
三百年の伝統
 「米吾」の始まりは、江戸時代の廻船問屋までさかのぼります。当時は屋号を「米屋」とし、米子の良質な米などを関西や九州方面に出荷して鳥取藩を振興していました。
 五代目・米屋五左衛門とその妻女は航海の安全を祈願して、船子たちのために鮓飯に鯖をのせた弁当を振る舞いました。これより山陰名物『吾左衛門鮓』が誕生いたしました。
 明治三十五年、「米吾」として創業してからは “品質へのこだわり”を探究しながら山陰の美味を全国にお届けしております。
美味しさの秘密は特許製法である熟成解凍
「吾左衛門鮓には甘みがあって酸っぱさにかどがないですね」とよく言われます。酸味がなじんでいるのは特許製法を用いているから。吾左衛門鮓は鮮度を保つためにマイナス60度で急速凍結し、出荷する前に解凍します。私たちは長年に亘る研究から、この解凍時にグルタミン酸やアミノ酸など、鮓種の旨みが増えることを発見しました。
通常の解凍は一定温度で行われますが、吾左衛門鮓は表面と中心部の温度差が少なくなるように解凍温度と時間に変化を持たせ熟成解凍しています。この特許製法により、酸味がなじんで生臭さの少ない、まろやかなおいしさが生まれるのです。


Total:22078 Today:1 Yesterday:3