G-Call
マイG-Call  
  ログインID
パスワード
ライン
  ・マイG-Call新規登録
・ログインできない方
ライン
スペース
ショッピング スペース 電話/通信サービス スペース お得な特典 スペース マイG-Call
カートを見る お買い物について お買い物 FAQ

■阪田知樹 ピアノ・リサイタル
 共催:ベーゼンドルファー・ジャパン、日本クラシックソムリエ協会

 

阪田知樹 ピアノ・リサイタル

若き才能あふれるピアニスト阪田知樹が
リストの難曲『ラ・カンパネラ』を
G-Call Clubサロンで披露します。
 

 弱冠二十歳、今、大注目されている若いピアニスト、阪田知樹のピアノリサイタル
を開催します。
昨年のヴァン・クライバーンコンクールで最年少ファイナリストになった阪田知樹が
そのコンクールでも披露したフランツ・リスト作曲の『ラ・カンパネラ』第2版
(1838年版)を含むプログラムをG-Call Clubサロンでも披露いたします。
『ラ・カンパネラ』第2版といえば、「リスト以外の人類には演奏不能」(!)といわれる
ほど、実演で聴けることは滅多になく、録音も数少ない超難曲です。
この曲をリストも愛用したベーゼンドルファーで、この規模で聴くことが出来る機会は、
今までも、またこれからも、一切無いと言って過言ではないでしょう。
 今しか聴けない、若き才能のほとばしりを是非、このサロンでご体験ください。

演奏予定曲
L.v.ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ 第26番 変ホ長調 Op.81a 「告別」
R.シューマン: 謝肉祭 Op.9

F.リスト:パガニーニによる超絶技巧練習曲 S.140/R.3a (1838年版) より 第3番
     「ラ・カンパネッラ」
F.リスト: 詩的で宗教的な調べ S.173/R.14 より 第3曲「孤独の中の神の祝福」
F.リスト:ハンガリー狂詩曲第12番 嬰ハ短調 S.244/R.106


ヴァン・クライバーンコンクールでの演奏の模様はこちらで見ることが出来ます。


コチラでは阪田知樹が弾く「ラ・カンパネラ」を聴くことが出来ます。


阪田知樹 プロフィール

1993年生まれ。5歳半よりピアノを始める。
第61回 全日本学生音楽コンクール 全国大会 中学校の部 第2位。
第9回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA 中学生部門 アジア大会 銀賞。
2009アジア国際音楽コンクール 最優秀賞、及びピアノ部門 高校生の部 第1位。
第4回福田靖子賞選考会 第1位 福田靖子賞受賞。
第9回フランツ・リスト国際ピアノコンクール セミファイナリスト。
第35回ピティナ・ピアノコンペティション 特級グランプリ、及び聴衆賞、併せて文部科学大臣賞、
読売新聞社賞、王子ホール賞、東京シティ・フィル賞受賞。
第14回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール 最年少入賞(4−6位)。

タマーシュ・ヴァーシャリ氏の推薦により「プラハ・ミュージック・パフォーマンス」に参加、
イヴァン・モラヴェッツ賞受賞。 ニコライ・ペトロフ氏に招かれ、第12回クレムリン音楽祭の他、
ポーランド国際ピアノフェスティバル、国際音楽祭ヤング・プラハに出演。ジュネーヴ、ルガーノ、
パリ、ユトレヒト、横浜、東京にてリサイタル開催。NHK-FM、FM横浜、ロシア国営テレビ、
RSIスイス・イタリア語ラジオ放送局、RTSスイス・ロマンド・ラジオテレビ放送局において、
演奏録音、及び、放送される。 藤原浜雄、堀了介の両氏とピアノ三重奏を、ブレンターノ
四重奏団、原田幸一郎、池田菊衛、磯村和英、毛利伯郎の各氏とピアノ五重奏を共演。
矢崎彦太郎、レナード・スラットキン等の諸氏指揮の下、東京シティ・フィルハーモニック
管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、南ボヘミア室内管弦楽団、フォートワース
交響楽団他と共演。 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、現在、東京藝術大学
音楽学部器楽科3年に在学。「コモ湖国際ピアノアカデミー」に於いても研鑽を積む。
ピアノを西川秀人、渡辺健二、パウル・バドゥラ=スコダの各氏に師事。音楽理論、作曲を
高橋千佳子、永冨正之、松本日之春の各氏に師事。2011年度ヤマハ音楽奨学生。
第43回江副記念財団奨学生。 横浜市在住。

 

 
共 催 :ベーゼンドルファー・ジャパン
      日本クラシックソムリエ協会

ベーゼンドルファーは、1828年創業の欧州屈指の老舗 ピアノメーカー。ベーゼンドルファーを世に知らしめたのは、 激しい超絶技巧のピアニストとして有名なフランツ・リスト。 彼の激しい演奏に耐えた唯一のピアノがベーゼンドルファー だったのです。ベーゼンドルファーは丁寧な手作業による 製造を維持し続けて、長い歴史で生産された台数は、約5 万台に過ぎません。 現在も年間約250台しか製造されない、まさに芸術品とも いえるピアノです。このベーゼンドルファーを 僅か50人で聴く贅沢なサロンコンサートです。
 

ゲスト:田中泰

田中泰  「日本クラシックソムリエ協会」 代表理事。 今回G-CallClubサロンでの、
   ベーゼンドルファーピアノの公開は、日本クラシックソムリエ協会理事の
  田中泰氏が、当社のサロンでコンサートを開くのに相応しいと企画、
  ベーゼンドルファー東京へ働きかけ頂き、実現しました。サロン向けの
  ベーゼンドルファーの音色をお楽しみ頂けましたら幸いです。

時 間:8月8日(金) 18:30開場 19:00〜
募集人数:50名
参加費:3,500円(税込) 1ドリンク付
     

開催場所:東京デザインセンター5階
               「G-Call Club」サロン
アクセス:  JR山手線五反田駅
               東口より徒歩2分


Total:7087 Today:3 Yesterday:12


運営会社 個人情報の保護について ヘルプ