G-Callショッピング

カートを見る

■ 田野倉雅秋ヴァイオリンリサイタル
 

 

田野倉雅秋ヴァイオリンリサイタル
出演:田野倉雅秋(たのくらまさあき)/ヴァイオリン、須関裕子(すせき ひろこ)/ピアノ

広島交響楽団、 名古屋フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを兼任している
田野倉雅秋さんのヴァイオリンデュオリサイタルを開催いたします。

演奏予定曲目:ヴァイオリン・ソナタ『遺作』 作曲:ラベル

          ツィゴイネルワイゼン 作曲:サラサーテ

          『シンドラーのリスト』のテーマ 作曲:ジョン・ウィリアムス  他

 

出演者プロフィール

田野倉雅秋(たのくらまさあき)/ヴァイオリン

東京芸術大学附属音楽高校を経て、東京芸術大学器楽科ヴァイオリン専攻入学。2年次より、スカラシップを得て
ニューヨークのジュリアード音楽院へ留学し、2002年5月同音楽院を卒業し学士号取得。
2000年第6回カールニールセン国際ヴァイオリンコンクール優勝他、多くのコンクールで優勝、上位入賞している。

 学生時代より国内外で積極的に演奏活動を行っており、フランス、アメリカ、日本にてリサイタルを開催している。
オーケストラとの共演では、第4回ABCフレッシュコンサートで外山雄三指揮大阪フィルハーモニー交響楽団と
ヴュータンのヴァイオリン協奏曲第5番を大阪のザ・シンフォニーホールにおいて演奏し、テレビ放映されている他、
日本フィルハーモニー交響楽団(指揮:渡邊一正)、広島交響楽団(指揮:秋山和慶)、名古屋フィルハーモニー
管弦楽団(指揮:マーティン・ブラビンズ)、N響団友オーケストラ(指揮:大友直人)等がある。また、2001年11月に
ヤン・ワーグナー指揮オーデンセ交響楽団とコルンゴールドのヴァイオリン協奏曲のデンマーク初演を飾り、
各方面に好評を博している。また2004年8月にはチェコ共和国のプラハ市で開催された国際音楽祭ヤング・プラハに
ソリストとして招かれ、チェコ国民劇場管弦楽団との共演でブラームスのヴァイオリン協奏曲をドヴォルザークホール
にて演奏した。

 現在、ソロ活動の他、アンサンブルにおいても国内外の多くの優秀な演奏者と魅力的なコンサートを行っており、
アペルト弦楽四重奏団、室内オーケストラ「アルクス」のメンバーとしても活動している。2004年5月広島交響楽団の
コンサートマスターに就任。また、2012年4月より名古屋フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターを兼任。
併せて、2012年9月より、大阪フィルハーモニー交響楽団特別客演コンサートマスターに就任。また、エリザベト
音楽大学にて客員准教授として後進の指導にも当たっている。
ホームページ

須関裕子(すせきひろこ)/ピアノ

 桐朋女子高等学校音楽科2年在学中に、第2回チェルニー=ステファンスカ国際ピアノコンクールにて第1位、
併せてステファンスカ賞、遠藤郁子賞受賞。翌年、クラクフ、ショパンの生家などポーランド各地でリサイタルを行う。
第18回園田高弘賞ピアノコンクール第3位。第16回宝塚ベガ音楽コンクール第1位。ドイツで行われた第3回
国際室内楽アカデミーにてグランプリを受賞。桐朋学園大学音楽学部を卒業、同研究科を首席修了。
野平一郎氏プロデュース「ピアノ伴奏法講座」2008〜2010年度受講生。NHK−FM「名曲リサイタル」に出演。
2013年3月、秋山和慶氏指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団とベートーヴェンの三重協奏曲を協演。

 ソロ活動のほか、アンサンブル奏者として国内外の多くの演奏家の信望も厚く、近年では堤剛氏と、
リサイタル、2012年リリースCD「ORION」(レコード芸術誌特選盤)、サントリーホール チェンバー
ミュージック・ガーデンなどで共演している。

 これまでに穐吉慶子、寺西昭子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、野平多美の各氏に師事。
桐朋女子高等学校・桐朋学園大学非常勤講師(ナンバリズミック)、尚美学園大学演奏助手。




目前で演奏されるサロンコンサートの醍醐味をお楽しみください。


コンサート後、ご希望の方にはG−Call Clubサロンにてお食事の用意がございます。
お一人様2,100円 (要予約)になりますので、ご希望の方はお問合せ下さい。

時 間:10月31日(木) 18:30開場 19:00〜
募集人数:50名
参加費:3,150円(税込)(1ドリンク付)

開催場所:東京デザインセンター5階
               「G-Call Club」サロン
アクセス:  JR山手線五反田駅
               東口より徒歩2分