G-Callショッピング

カートを見る

時空を越えた癒しの楽器「ハープ」の「今」を探る
クラシックからエレクトロニクスを駆使した演奏形態まで
幅広い作品を創造するハーピスト
プロフィール
1983年東京芸術大学卒業。1985年同大学院修了。スイス・ローザンヌ音楽院に留学。
桑島すみれ、シャンタル・マテュー、吉野篤子各氏に師事。また、L.ラスキーヌ、S.マクドナルド等世界的なハーピストの指導を受ける。
在学中よりソロ、アンサンブル、オーケストラ、スタジオ録音、放送など幅広い場での演奏活動を行う。
1991年、日本ハープ・コンクール プロフェッショナル部門第2位。
1987年から、カザルスホールなど東京で6回のリサイタルを自主開催。
古典、フランス音楽、近・現代曲、室内楽曲を取り上げた。また「響きのオアシス」と題した、オープンマインドな選曲と自ら映像やオブジェなどの視覚的演出企画を行う公演も2回含まれる。
オーケストラのソリストとしては、1989年渡邊暁雄指揮日本フィル/モーツァルト(Fl中山早苗)でデビュー。仙台フィル、新ヴィヴァルディ合奏団、ウィーン・モーツァルト室内オーケストラ、神奈川フィル等とモーツァルト、ヘンデルの協奏曲を協演。アンサンブルでは、国内外の著名な奏者と数多く共演。
クラシックジャンルでのオーソドクスな活動の傍ら、スタジオワークから培った独自の感性を発展させ、多重録音やエレクトロニクスを駆使した新しい演奏形態や作品の創造にも取り組んだ。CDアルバムは、1997年「Soft & Mild “Southern Cross”」バンダイミュージック、2002年「ハープが奏でる幻想のケルト・アイリッシュミュージック」キティMME/ユニバーサルミュージック、がリリースされ、これらは、自作曲、多重録音を駆使したカバー曲、で構成された。以後自らのレーベル「イグレックレコード」より、2006年「箜篌KUGOまぼろしの和のハープ」、2009年クラシック小品集「泉」、自作自演集「星空のプロムナード」のCDを発表。
また、歴史的に重要な19世紀フランスのエラールハープや、約千二百年の眠りから甦った正倉院復元楽器の竪琴『箜篌』(くご)の演奏にも取り組む。1997年、 (社) 日本青年会議所よりTOYP大賞受賞。
2008年〜2010年横浜みなとみらいホールにて、ハープの祭典的コンサートシリーズ「ハープの未来」及びCD「翔く若手ハーピスト」シリーズをプロデュース。日本ハープ協会理事。JASRAC準会員。日本演奏連盟、PIT、横浜音楽文化協会会員。横浜雙葉サポーター。
ホームページ http://www.yo-saito.com/


Total:4068 Today:2 Yesterday:0