G-Callショッピング

カートを見る

ヤマキ農園

岐阜県美濃加茂市で安心安全を最優先に
有機肥料、減農薬にこだわって
愛情をもって果樹たちに接しながら、育てています。
屋号紹介
ヤマキ農園は、美濃加茂市の山ノ上地区で76年続く果樹園です。梨と柿を中心に生産・加工・直売をしています。山ノ上地区には果樹農家が多く、シーズンになると各農家の直売所が並び、地元客はもちろん遠方からも買いに来る人でにぎわうことから「フルーツロード」と呼ばれています。
 中でも人気のヤマキ農園。昭和の初めに先々代・与曽松さんが山を開墾して梨の木を植えたのが始まりです。
「大切な果樹を毎日、一本一本観察すること、害虫や病気を未然に防ぐよう気を配り、安心安全を最優先に有機肥料と減農薬にこだわっています」と話してくれたのは3代目・長尾久さん。
13年前まで、大手自動車メーカーT社の系列会社に勤めていました。しかしある日、2代目である父の思いを知ってハッとしたそうです。
「俺は梨づくりしか知らん。でもお客さんに喜んでもらえる梨を作れるかどうか、それが俺の通信簿だ。」
梨の木に自分の人生をかける父を見たとき、家業の果樹園を守り継ぐのは自分しかいないと、久さんは父に弟子入りし、枝の剪定や摘果を学びました。
 父貞雄さんは15才から82才で他界するまで梨作り一筋の名人。
「愛情を持てば梨は必ず応えてくれる」と、いつも梨に話しかけていました。今では久さんも梨の木と会話するそうです。 
 ヤマキ農園には樹齢76年で1000個もの実をつける奇跡の梨の木があり、ひそかなパワースポットになっています。ヤマキ農園さんの果樹園のどこかには、梨の精がいるのかもしれませんね。
ベジアナ 小谷あゆみさんセレクト
小谷あゆみ プロフィール
フリーアナウンサー・野菜をつくる「ベジアナ」
石川テレビ放送アナウンサーを経て2003年からフリー。
番組企画ではじめた野菜づくり・米づくりをきっかけに全国の農業・農村を取材。
農業の豊かさ、地域の個性、健康福祉をテーマに産地の魅力を発信。
野菜をつくるアナウンサー「ベジアナ」として都会のベランダから農の力を発信。
NHKEテレ「ハートネットTV介護百人一首」毒蝮三太夫さんとの司会で前向きな介護を提唱。
「日本農業新聞」ほか連載コラム多数
農林水産省食料農業農村政策審議会臨時委員
ブログ「ベジアナあゆ野菜畑チャンネル」


Total:17726 Today:10 Yesterday:7