G-Callショッピング

カートを見る

平野 玲音

プロフィール
チェリストの両親のもと東京に生まれ、9歳よりチェロを始める。山崎伸子女史、藤原真理女史に師事する傍ら、東京大学で美学芸術学を専攻し、同大学院表象文化論コース修士課程修了。02年よりウィーンに留学、ウィーン・フィルのG. イーベラー氏に師事、ウィーン国立音大で室内楽をM. フェルナンデス女史、J. マイスル氏に師事。S. イッサーリス、G. クルターク、A. ビルスマ各氏のマスタークラスを受講。
 03年東京で、皇太子、皇太子妃両殿下の御前リサイタル。04年オーストリア国際室内楽フェスティヴァル「アレグロ・ヴィーヴォ」賞を受賞、ホルスト・エーベンヘーの演奏は作曲家自身の賛辞を得、ラジオÖ1で全国放送される。05年「国際夏期アカデミー プラハ‐ウィーン‐ブダペスト」でアルティス賞ならびにジーメンス・ウィーン古典派賞を受賞。
 ソロ、室内楽で、ウィーンのコンツェルトハウスを始めヨーロッパ各地で活躍し、一時帰国してNHK-FM「名曲リサイタル」やラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン等に出演。2011年よりシリーズ公演 “Reine pur”(レイネ プーア)を開催。バーデン・バイ・ウィーンのベートーヴェンターゲや「オストフリースラント夏の音楽祭」といった音楽祭に招聘され、パイヤーバッハ・マスタークラスでチェロと室内楽の講師を務める。
 深みのある美しい音色と、ウィーン仕込みの自然な解釈が、聴き手を純粋な「音楽の享受」へと誘い出す。異色の経歴を活かし、作品の歴史的・文化的背景を汲み取ろうとする真摯な姿勢は、独自のストーリー性を持ったプログラミングにも表れている。フックスやアイネム等の“知られざる名曲”を次々と発掘し、今年春には、ペーター・バルツァバから捧げられた《チェロ・ソナタ》を作曲者と共に初演した。
 CD「レイネ デビュー」、「赤いはりねずみ――ウィーンのブラームスと仲間たち」、「春なのに」、「ディヴェルティメント」をリリース。E. メルクス氏率いる「カペラ・アカデミカ・ウィーン」のメンバー、東京‐ウィーン四重奏団団員。また冊子『百味』に、ウィーンの音楽と食にまつわる軽妙なエッセイを連載、多才な一面をのぞかせている。
 ファンクラブ公式サイトは http://reine-h.com/


Total:3451 Today:2 Yesterday:2