G-Callショッピング

カートを見る

山村 有佳里

プロフィール
モンス王立音楽院、ゲント王立音楽院、アムステルダム音楽院を経てプラハ芸術アカデミー、
マーストリヒト音楽大学(オランダ)大学院をフルートで修了。国家演奏家資格取得。
英国ウェールズ王立音楽大学より奨学金を得て同大学大学院ピッコロ科(日本人初)にて学ぶ。
また、スウェーデン マルメ音楽大学にて音楽療法を学ぶ。
第21回東京芸術協会演奏家オーディションにて審査員賞受賞。
第12回バコリ国際音楽コンクール、第一位受賞。
第10回“エウテルぺ”国際音楽コンクール(共にイタリア)でフルート、ピッコロにて第一位、併せてジャーナリスト賞受賞。サー・ジェームス・ゴールウェイの招待により、スイスのマスターコースに招待され、その後親交を結ぶ。
12年のヨーロッパ生活を経て2009年帰国。
青山財団より助成金を得て京都バロックザールにて帰国&デビューリサイタル。
ベルギーの古楽楽団ラ・プティット・バンドのS.クイケン氏のTVインタビューの通訳、世界的フルート奏者、サー・ジェームス・ゴールウェイ氏のプログラムノ―トなどを手掛ける。
雑誌への寄稿、ラジオ・テレビ出演、講演など国内外問わず演奏活動、後進の指導を行っている。フランダース音楽祭、Coup Maastricht,大文字国際音楽祭、ラ フォル ジュルネ オ ジャポン、韓国大田音楽祭出演、ヨーロッパ・アジアでリサイタル、また、ミュージカル「アマデウス」のオーケストラとして参加(ベルギー)。2012年、京都コンサートホールにてモーツアルト フルートとハープのための協奏曲を演奏、「一万人の第九オーケストラ」にピッコリストとして参加。2016年6月イギリスSt.George’s concert Hallにてヴィヴァルディ ピッコロ協奏曲を弦楽オーケストラと協演。
2013年CD「Vieille Chanson」リリース。関西現代音楽交流会会員。
2016年フルート専門誌「THE FLUTE」誌にて“日本のフルート奏者150人”に選出される。
またFM79.7にて「山村有佳里のミュージック+プラス」パーソナリテイーを務めている。

ホームページ  http://yukari-yamamura.jimdo.com
2017年3月10日 G-Callサロンにてコンサートを開催!


Total:2848 Today:1 Yesterday:4