G-Callショッピング

カートを見る

越前「田んぼの天使」有機の会

コシヒカリ特有のモチモチ感(粘り)と甘みのあるおいしいお米。
有用微生物群(EM)を活用した環境保全型農業を実践しています。
屋号紹介
平成16年度農水省主催 環境保全型農業推進コンクール受賞
≪越前「田んぼの天使」有機の会≫は、“農業に励めば励むほど、心にも、体にも、地球にも自然がよみがえる”をモットーに、農薬や化学肥料を使用しない米作りに励んでいます。

次世代の子供たちの為に、環境保全型農業を通じて地球環境の改善を図り、安全・安心な食を提供したいと考え、古来より発酵食品に使われる酵母菌や乳酸菌、有害な物質を分解する光合成細菌などの有用微生物群(EM)を活用して有機米の栽培を行っています。
(子どもたちに安全なお米を食べさせたいという「有機の会」の思いにより、越前町立の小・中学校、保育園では、現在越前町の助成で「田んぼの天使」が給食に使われています。)
この有用微生物群(EM)は、水を浄化する力があり、水を湛えた田んぼから自然が蘇り、その水が川に流れ川を綺麗にし、更に海に流れて海を自然に戻す。地球規模での自然生態系の循環を「田んぼの天使」は担っています。

この田んぼには、しじみ・めだか・やご・水すましなどの水生生物が、「田んぼの天使」とともに育っています。

安心・安全、食味・風味が良くモチモチ感のある有機米です。発送直前(原則2日前)に精米して お届けするので鮮度も抜群!(お米の袋も洒落ていますので、贈り物にもおすすめします。)
都内有名ホテル内の料亭などでも使用された程のおいしいお米!
ぜひ毎日の食卓に!
「田んぼの天使」はこのように作られています。
5月に田植えをします。
日光や風を十分に受けられるよう粗く植えます。
農薬を使わないで数年たった田んぼにはヤゴ、シジミ、メダカなどたくさんの生き物がいます。
黄金色にたわわに稔った稲穂の姿はこれまでの苦労を忘れさせるほど美しいものです。
収穫後は、次年度のためにEMボカシ肥料を散布して土づくりをします。
冬の間田んぼには水を張ります。こうして雑草の発生を抑えます。


Total:4204 Today:3 Yesterday:9