G-Callショッピング

カートを見る

和光

銀座四丁目の交差点。銀座のランドマーク≪和光≫。
その並びに位置する和光アネックス グルメサロンでは
和光ならではの上質にこだわった「食」を楽しめます。
屋号紹介

伝統ある専門店が軒を連ねる大人の街、銀座。
その中心である銀座4丁目の交差点に、和光はあります。
ランドマークとしてもおなじみの時計塔のある建物は、昭和7(1932)年に建てられ、
この街の発展を見守ってきました。
当初は、明治14(1881)年に創業した服部時計店の小売部門としてスタートし、
進駐軍による建物の接収の時期を挟み、 昭和27(1952)年より「和光」として
本格的に営業を開始いたしました。
以来、質の高いサービスと品揃えで、お客様にご満足いただけるよう努めております。
沿革
1881年 服部時計店(現セイコーホールディングス株式会社)創業
1895年 銀座四丁目にて服部時計店営業開始
1945年 銀座5丁目の仮営業所にて営業開始
1947年 4月、株式会社 和光設立(服部時計店の小売部門を継承)
1952年 12月8日、P.X.(Post Exchange)としての接収が解除され、現在の和光本館での営業開始
2008年 建物を次の世代へ継承するため、約300日間閉館し補修・整備を行う
2009年 本館が経済産業省により「近代化産業遺産」に認定される
銀座のシンボル「時計塔」
銀座四丁目の交差点、銀座のランドマークとして知られる和光本館。日本の「時」のシンボルともいえる和光本館の時計塔はあまりにも有名です。

ここで扱われる宝飾品、時計、紳士・婦人用品、室内装飾品などはすべて高い品質を誇るものばかり。和光は長い歴史と伝統の中で培ってきた上質へのこだわりとおもてなしの精神を大切にしています。
和光の設立
1945(昭和20)年、第二次世界大戦が終わりマッカーサー元帥率いる連合軍の進駐が始まると同時に、時計塔のある建物はP.X.(Post Exchange)として接収されました。
服部時計店は銀座5丁目の仮営業所で営業を始めました。そのさなかの1947(昭和22)年4月に服部時計店の小売部門の業務を継承して株式会社 和光が設立され、P.X.としての接収が解除された1952(昭和27)年12月8日、現在の和光本館での営業を開始しました。これを記念して、ショーウインドウのデザインを当時の気鋭のデザイナーが競作し、話題を呼びました。
以後、和光のショーウインドウは、「銀座の顔」として世界的に有名になりました。
和光アネックス グルメサロン
和光本館の並びに位置する和光アネックス グルメサロンでは、洋菓子や惣菜、ワインなどのご進物に好適な、和光ならではの上質にこだわった食品をご用意しています。

和光アネックス グルメサロンより季節のご挨拶に好適なお菓子をご紹介します。


Total:27063 Today:20 Yesterday:30