G-Callショッピング

カートを見る

95年ショパン国際ピアノコンクール第5位入賞。
知的な構成力と色彩感豊かな演奏が定評の
ピアニスト、宮谷理香
プロフィール
金沢に生まれる。桐朋学園大学卒業、同研究科修了。
 95年第13回ショパン国際ピアノコンクールに第5位入賞、一躍注目を集める。
 96年サントリーホール(東京)、いずみホール(大阪)にてデビュー。
  第23回日本ショパン協会賞、飛騨古川音楽大賞新人賞、他受賞。
  松岡貞子、 アンジェイ・ヤシンスキ、ピオトル・パレチニ、ハリーナ=チェルニー・
ステファンスカ、園田高弘各氏に師事。
  これまでにパリのサル・プレイエル(サル・ショパン)をはじめ、ウィーンのグラフェネック城、
ポーランドのワルシャワ フィルハーモニーホール、チェコのノヴェ・メストなどでのリサイタル
開催のほか、ドゥシニキ国際ショパンフェスティバル、99年ショパン没後150年演奏会
(ポーランド四都市)、02年国際交流基金の派遣による演奏会(ポーランド二都市/スペイン
四都市)、中国の蘇州における日中友好コンサート等にも招待されている。
  01年、04年、09年ライプツィヒ弦楽四重奏団、10年スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団
(L.スワロフスキー指揮)と共演。
  05年、10年日本ショパン協会主催ショパンコンクール審査員。ショパン作品を中心に様々な
作曲家を取り上げたリサイタル・シリーズ「宮谷理香と廻るショパンの旅(2001-2010)」を10年に亘り開催、大きな反響を呼ぶ。
  高橋多佳子とのピアノデュオ<Duo Grace>、礒絵里子(Vn)・水谷川優子(Vc)との
<アンサンブルφ(ファイ)>としても活動。 08年初の著書「理香りんのおじゃまします!
〜ピアニスト万華鏡」発売。ほか全10枚のCDをリリース。
  ショパン名曲集CD【Rika Plays Chopin】シリーズの「SCHERZO」(09年)、「SONATA」(10年)、
【Rika Plays Fantaisie】シリーズ「Brin 芽」(11年) 、「Rain Tree樹」(12年)、「Impromptus 彩」
(13年)、デュオ・グレイスのデビューCD「GRACE」(11年)はレコード芸術誌特選盤。
  リサイタル、レクチャーコンサート、室内楽、学校公演など幅広い音楽活動を展開し、常に
新しい企画を発信し続けており、知的な構成力と色彩感豊かな演奏には定評がある。
宮谷理香さんのホームページはこちら


Total:12272 Today:2 Yesterday:8