小田垣商店

屋号説明

享保十九年(1734年)に兵庫県丹波篠山市で創業。
古くから栽培されてきた黒豆や小豆を幾多の選抜を繰り返し、
大粒で美味な丹波黒大豆、丹波大納言小豆に育てあげました。

屋号説明

屋号説明

小田垣の草創は今から遡ること二百八十余年前の享保十九年(1734年)に現在の本社所在地、丹波篠山市立町九番地で小田垣六左衛門が鋳物商を始めたのが今日の源と古書に記されております。

その後年を経て明治元年(1868年)小田垣はとが種物商へと転業したのが今日の業種の前身です。
現在の業に転業してからでも約百五十年もの間種苗店として地元農家の皆様に、又黒豆・小豆問屋として全国各地の皆々様にご贔屓いただき今日に及んでおります。

屋号説明

篠山のお城が築城されて四百年以上にもなりますが、丹波黒大豆は既にその時代から当地丹波篠山で栽培されていて、丹波黒豆を水戸の黄門様にもお召し上がりいただいたとの記録が古文書に残っています。

それ程古くから栽培されてきた黒豆を先人の努力があって、その間、幾多の改良を加えて今日の大粒で美味な黒豆に育ちました。

屋号説明

明治時代の種苗業の頃から丹波黒大豆の種子を育種・選抜・継承し、品種改良や遺伝子組み換え技術に頼ることなく、今でも在来品種の丹波黒を大切に守り続けています。

屋号説明

屋号説明

商品一覧