睇由鉾

屋号説明

昭和3年に「手作りのつけあげ店」睇余ε垢魍設
それ以来、当時の味を代々継承し
昔ながらの製法にこだわり造りつづけています。

屋号説明

さつま揚げは江戸時代中期に琉球から渡来した物で、琉球料理の「チキアーギ(チキアーゲ)」がなまって「つけあげ」と鹿児島で呼ばれるようになり、そうやって鹿児島に渡来したつけあげ(さつま揚げ)は、県内の各漁村で作られるようになりました。

昔から漁村地帯であった串木野も、近海で、エソ、アジ、サバ、イワシ等が沢山獲れた事もあり、自然とさつま揚げ、蒲鉾の産地となっていきました。さつま揚げは元々各家庭で正月や祭り、特別な行事の時に出されるふるまい料理であったとも伝えられています。

「あそこの家のつけあげはおいしい」「うちにもわけて?」と評判の良かった家が個人商店となり、つけあげを主に販売する様になって、現在に至ると伝えられています。

屋号説明