カネシメ松田水産 たらこ家虎杖浜本店

屋号説明

北海道最古参・創業大正2年。伝統と技術の松田水産では、
虎杖浜産完熟卵だけをミネラル豊富な天日塩で漬込、
1週間熟成させた伝統の味わいを皆様にお届けします。

屋号説明

白老町・虎杖浜(こじょうはま)の概要

白老とは、アイヌ語で「虻(あぶ)の多いところ」と言う意味の言葉「シラウオイ」からきたと言われています。白老町は、北海道の南西部、胆振振興局管内のほぼ中央に位置し、南は太平洋 、西は登別市、北は千歳市と伊達市(旧大滝村)、東は別々川をはさんで苫小牧市 とそれぞれ隣接しています。
有名ブランドとしては白老牛に並ぶ「虎杖浜たらこ」もあります。大正時代から虎杖浜地域でつくられてきたたらこで、冬の前浜でとれたスケトウダラを新鮮なうちに加工し、きめ細やかな質感のある粒々は、確かな品質が認められ贈答品としても親しまれています。
※「虎杖浜たらこ」は、胆振水産加工業協同組合の地域団体商標です。
(白老町のホームページから)

屋号説明

沿革

昭和5年頃から地元の若者たちが、岩内町から加工業者を招いて習ったのが事の始めといわれています。終戦後、品種改良・加工技術に力を注いでいた結果、北海道白老町虎杖浜加工のたらこは全国の代表的な銘柄と言われるまでになりました。

北海道最古参・創業大正2年。伝統と技術を残しつつ、本物へのこだわりを忘れない松田水産では、虎杖浜産の完熟卵だけをミネラルたっぷりな天日塩で漬け込み、1週間熟成させた真心のこもった伝統の味わいを皆様にお届けしています。

「前浜産 虎杖浜たらこ」は宮内庁への献上品としても歴史があり、北海道知事賞を受賞。さらに第55回全国水産加工たべもの展にて水産庁長官賞も受賞しています。

屋号説明

おいしさの秘密1:輸入物は一切使用しない

現在一般に販売されているたらこの9割はアラスカ・ロシアなどからの輸入ものです。たらこを加工する前に冷凍して国内に持ち込むので 、本来持っているたらこの風味が損なわれてしまいます。
しかし、「たらこ家虎杖浜」の多良の子、めんたい子は厳しい冬に虎杖浜沖で獲れたすけそうだらを買い付け、その日のうちに卵を加工します。原料卵は熟成させる前に冷凍してしまうと風味が落ちてしまいますが、 加工した後に冷凍させるのは風味には問題はありません。

屋号説明

おいしさの秘密2:熟成の秘密

当店のたらこは低温下で充分に熟成させます。この熟成によってたらこが本来持つ旨みを 最大限まで引き出すことが出来ます。この本物のたらこを用いて作られためんたい子は、秘伝の調味料と上等の唐辛子を用いて4〜5日間低温下にて熟成させます。手間暇かけた味わいと上品な辛さは、きっとご満足いただけると思います

屋号説明

おいしさの秘密3:着色料は一切使用しない

ロシアなどから冷凍輸入された原料卵を使用して製造されたたらこは、 冷凍されたことによって「たらこ」が本来もつ旨みを失ってしまい、それを補うために大量の添加物を使用してしまいます。そのため、後味の悪いものや苦みの強いものが出来てしまうのです。匂いで比べてみてください。「たらこ家虎杖浜」の「たらこ」は魚の匂いがします。それを生臭いと感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、 それが本来の「たらこ」の味なのです。市販で売っている「たらこ」はちょっと薬くさく感じると思います。また、着色料を一切使用していないので、 お子様やお年寄りの方にも安心してお召しあがりいただけます。