G-Callショッピング

カートを見る

ヤマキ醸造グループ

自然農法60年の経験と実績による一貫した生産体制
伝承の木桶醸造や伝統の匠の技で、日本の伝統的な
食文化を伝承。安心・安全・健康な自然食をお届け。
屋号紹介
沿革
1902年 木谷伝次郎が吉井町で味噌・醤油製造を開始。
1954年05月 「木谷醸造合資会社」を本庄市内に設立。
1974年01月 「ヤマキ醸造株式会社」を設立 代表者に木谷富雄が就任する お客様の御用をする
会社として『御用蔵』ブランドを発表。
1991年04月 「ヤマキ醸造株式会社」が神泉村(現神川町)に豆腐工場(「豆庵」後の詁Π叩砲鮨契漾
1994年09月 神泉村に味噌・醤油蔵を新設し、「ヤマキ醸造株式会社」の本社を移転。
1994年10月 「有限会社ナチュラルハンド」(平成10年11月に「有限会社自然の里」に改組する)を
本庄市寿に設立。
1995年12月 豆腐工場『豆庵』が「ヤマキ醸造株式会社」より独立し「有限会社豆庵」を設立。
1996年10月 農業生産法人「有限会社豆太郎」を児玉神泉村大字下阿久原に設立。
1998年11月 「有限会社ナチュラルハンド」を「有限会社自然の里」に改組。
2004年04月 「有限会社自然の里」を「株式会社ヤマキ」に改組し、販売部門を統合。
社長のコメント
守る自然・残す自然 ヤマキ醸造グループは明治35年(1902年)創業のヤマキ醸造が母体となり、皆さまに支えられてお陰様で110年以上の歴史を刻んで参りました。
製品に対しては「安心・安全・健康・国産」に一層こだわりを持っていきたいと思います。今後も自然に対する感謝の気持ち、消費者と生産者が顔の見える関係を作っていく気持ちを常に持ち続けたいと思います。
代表 木谷 富雄 さん


Total:15304 Today:1 Yesterday:2