G-Callショッピング

カートを見る

天領酒造

創業延宝八年(1680年) 岐阜県飛騨地方の老舗の造り酒屋。
飛騨の酒米「ひだほまれ」と清冽な地下水で醸す飛騨の地酒。
飛騨の地で長年に渡りまじめで素朴な酒造りをしています。
◆天領酒造関連会社≪天領食品≫の「飛騨の牛肉で作る逸品」をお酒と同梱できます。
※お酒の送料だけで食品もお届けします。
※同一カ所へ一度のお届けの場合に限ります。

商品の詳細はこちら・・・<クリック>
屋号紹介
なりたち

近江日野(現在の滋賀県日野市)上野田(コウズケダ)にて家を興す。
蒲生氏郷公の家臣として近江地方で地盤を築き、
日野屋佐兵衛と称し江戸時代の初め頃(1680年と伝えられています)から
江州日野から本州一円を巡って行商をしていました。

その後、飛騨に商いのため出店を構え、
飛騨の人情の細やかさ、自然の美しさ、風俗の麗しさに魅かれて、
この地に住み着き、物品販売のかたわら日本酒造りを行いはじめました。

明治時代になって酒造業を家業として行うようになり、
昭和31年「天領酒造株式会社」として法人化し現在に至っています。

飛騨の自然 を愛し、人情を愛した日野屋佐兵衛の心意気を
現代八代目まで脈々と受け継ぎ、
飛騨の自然の恵みで育った酒造好適米「ひだほまれ」、
飛騨山脈からの清冽な地下水(無菌天然水)をもちい、
自家精米にこだわり、
飛騨の酒を造る天領へと成長を続けています。
杜氏 片桐一成 氏
21歳。「自分にしか醸せない酒を造りたい」と秘めていた想いを抱えて、この酒造りの世界に飛び込みました・・・。
そして歳月が経ち、私ももうすぐ40歳。
渡邊前杜氏のもと、酒造りに対する想いと技を学びながら、ようやく一人の杜氏として旅立つ時が来ました。
しかしながら酒造りを重ねれば重ねるほど、奥深さを感じ、自分の未熟さを痛感しております。
酒造りというのは仕込み1本1本を手造りで行うため、工業製品の規格物のように同一のものを造ることは出来ません。
ですから毎年基本に立ち返り、いかに自分の思い描く酒を造れるかを考えていくことが第一だと考えております。
日々鍛錬しながら、皆様にご愛飲していただける酒を醸してゆきたいと思っています。
日本酒造りに対する考えと実際
家業としての日本酒酒造り
酒屋業は家業として長い歴史があり、これからも連綿と続けていかなければなりません。継続するための必要要件がオーナーの考えにより色々あります。出荷数量至上主義であったり品質至上主義であったり。現在天領酒造では品質を追い求めていますがその切り口も色々あり、それは製造方法(純米、本醸造など)であったり原料であったりします。最近は「ひだほまれ」を中心にした原料の良さを強調してきました。現在は原料米全量が高級な酒造好適米となり、ある面では究極の酒造りと言えるのかもしれません。しかし、酒造りは色々な条件によってなされており、それらを最高のものにしていくことはもちろん、真摯な気持ちで取りくむ事が絶対必要であると考えています。

商品企画と品質設計
常に目先の変わったものを発売していくことは考えていません。従来の酒造りの中から時代のトレンドに乗りそうなものがあれば発売をしたいと考えています。代表的な銘柄の特別純米酒『飛切り』は、酒が貴重だった時代(甘い増醸酒の時代)から本物の酒を求め始めた時代(地酒が見直された時代)に本物の地酒として昭和40年に発売しました。純米酒、飛騨の酒がコンセプトでした。

現在の酒質
酒造好適米の特徴を生かす為、自社による精密な精米と日本でも稀な超軟水による酸味の少ない酒質を目指しています。特別純米酒『飛切り』は純米らしい味の幅を持たせつつ料理の味を損なわない控えめな甘さと香りを特色としています。吟醸香のような華やかな香りはありませんが、食中酒として最適な酒質と言えます。京都、東京の有名料理店での使用が多いのもそのためです。
酒米と水
【 酒米 】
精米から醪造りに至る各工程において適性を持つ「酒造好適米」を100%使用。使用銘柄は2銘柄で、主に飛騨特産「ひだほまれ」を使用しています。一部「山田錦」も使用しております。
「ひだほまれ」は北アルプスの麓、飛騨の山間の寒暖の差が大きい水田で栽培される米で、心白は内柔外硬で最適な蒸米になる性質を持っている飛騨特産の酒造好適米です。 全量、契約農家に依頼し、上品質の原料米を生産。しかも安定した品質保持の為、自社精米しています。

【 水 】
飛騨山脈からの地下水を地下30メートルから汲み上げた正真正銘100%天然水を使用。水は軟水で日本酒造りには最適な、天然の無菌水です。
蔵の前にはその水を楽しんでいただける深井戸水を設置し地元の方々に親しまれています。
さらに天領酒造では、毎年、環境未来株式会社 分析センターによる水質検査を実施。検査を行わない月は、食品微生物センターにて定期検査を毎月実施しています。
受賞暦

2012年 第69回WINE &SPIRITS WHOLE SALERS OF AMERICA授賞式後。
右写真は、ニューヨーク市の寿司レストラン「SOTO」(日本食レストランとして
全米で初のミシュラン星付を獲得 現在2つ星)のご主人、小杉外博氏(右)と
天領酒造ニューヨーク在社員、上野田又輔氏(左)。
■全国新酒鑑評会
平成  4 年 : 金賞受賞
平成 13 年 : 金賞受賞
平成 16 年 : 金賞受賞
平成 17 年 : 入賞
平成 19 年 : 金賞受賞
平成 20 年 : 金賞受賞
平成 21 年 : 金賞受賞
平成 22 年 : 金賞受賞
平成 23 年 : 入賞
平成 24 年 : 金賞受賞
平成 26 年 : 入賞

■日本チャンピョンズカップ
2005 年 : ベストカップ賞(ゴールドメダル) 「天領(銀)カップ」
2006 年 : ベストカップ賞(ゴールドメダル) 「さるぼぼカップ」
2007 年 : ベストカップ賞(ゴールドメダル) 「さるぼぼカップ」

■ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016
スパークリングSAKE部門 『金賞』受賞「すますま」
■ワイングラスでおいしい日本酒アワード2019
スパークリングSAKE部門 『金賞』受賞「すますま」

■ワイングラスでおいしい日本酒アワード2011
金賞受賞「大吟醸 天禄拝領」
■ワイングラスでおいしい日本酒アワード2012
金賞受賞「純米吟醸 ひだほまれ 天領」「大吟醸 天禄拝領」
■ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015
最高金賞受賞「大吟醸 天禄拝領」
金賞受賞「大吟醸 ひだほまれ天領」「大吟醸 吟」「純米大吟醸 天禄拝領」
■スローフードジャパン 第3回燗酒コンテスト2011
金賞受賞 「特別純米酒 飛切り」「純米酒天領」
■スローフードジャパン 第4回燗酒コンテスト2012
熱燗部門金賞受賞 「上撰 天領」
■平成27年度一般社団法人岐阜県観光連盟推奨観光土産品審査会
『審査会奨励賞(特賞)』 受賞「すますま」


Total:31074 Today:6 Yesterday:14