G-Callショッピング

カートを見る

都松庵(としょうあん)

京の地で鍛えられた都松庵の製餡技術から生まれたスイーツ
餡をベースにしたケーキは小麦粉一切不使用です!
あんこ屋さんが開発したグルテンフリーのお菓子を召し上がれ!
屋号紹介
沿革
1950年 京都市中京区堀川三条に都製餡が誕生
1988年 アンテナショップ「都松庵」を本社工場の1Fにオープン
1992年 鈴鹿の伏流水に恵まれた滋賀県五個荘町に滋賀工場を設立
2010年 製造部門が滋賀工場に完全移転
2012年 本社機能のみ残した本社跡地の有効利用として小売り部門「都松庵」オープン
社長のコメント
世界遺産・二条城の近く、京都市中京区堀川三条に都製餡は誕生しました(昭和25年創業)。かねてからこの地では、京の名水である醒ヶ井がありました。あんこも京料理や酒造りと同じように水の質に大きく左右されます。私たちはこの水質に徹底的にこだわり、あんこ造りを営んでまいりました。その精神は引き継がれ、滋賀に工場を移転させた現在も、鈴鹿山系の伏流水を使用し、おいしいあんこ造りを支えています。

製餡を生業とする都製餡でしたが、時代と共にあんこを使った菓子作りにも精進してまいりました。そして昭和63年、アンテナショップとして「都松庵」を本社の1Fにオープン。当初は本物のあんこの提供という事で、あんこの計り売りを中心としたスタートでしたが、その後、本格的なあんスイーツの開発に取り組み、平成24年、「都松庵」をリニューアルオープンいたしました。

コンセプトは“グルテンフリーのあんこカフェ”。こだわりのあんこに加え、あんこと相性のいい米粉を主原料とし、全商品、小麦粉をいっさい使わない(グルテンフリー)で展開してまいりました。本物のあんこを使った、あんスイーツのおいしさをもっと多くの人に知ってもらいたい。小麦粉不使用(グルテンフリー)で、子どもたちにおいしいお菓子を届けたい。
長年、京都で親しまれてきたあんこ屋さんが作った、和菓子でも洋菓子でもない“あんスィーツ”をぜひ一度お試しください。
創業時の本社
素材へのこだわり
餡に使う小豆は産地にもこだわり、主に北海道産と丹波産のものを使用。中でもこだわりの丹波大納言(春日大納言)におきましては、丹波ひかみ農業協同組合の産地証明書付きのものを使用しております。

選りすぐった材料の持ち味を活かす為、水にもこだわっており、鈴鹿山系より流れ来る伏流水を使用しております。

また、小麦粉不使用にもこだわった、体に優しい商品をご提供いたしております。
美味しい素材を美味しくお届けするため、極力余計なものを加えず、職人が秘伝の製法で、真心のこもったお菓子を製造しております。
製法へのこだわり
様々な商品を開発していく中で培われた、技術の粋を、都松庵の商品に凝縮し、こだわりの製法で仕上げております。

また、安全性の追求にもこだわり、取り組んでおります。お菓子も食品である以上、安全性は絶対的に確保されなければなりません。食品の細菌への感染、製造工程での異物混入という、大きく二つに分けられる安全性に対する課題に、私どもでは最新鋭の滅菌機を導入し、自主検査、および公的機関での検査を徹底しておこなっております。


Total:23388 Today:4 Yesterday:5