G-Callショッピング

カートを見る

タナカショク

創業38年 高知県四万十町
健康と美味しさへのこだわり
私たちはここからはじめました
屋号紹介
沿革
1974年 『田中食品』として高知市布師田に営業を始める。
1981年 工場拡張に伴い、社名を『株式会社タナカショク』に変更。
1985年 自社生成によるイオン水(電子水)の会費制配布を開始する。
1987年 車で豆腐を製造・販売する『動く豆腐工場』を開発、特許を取得する。
1999年 深層水豆腐の製品・製法特許を取得。(第2995621号)
2000年 高知工科大学連携研究センターにて研究開発を開始する。
深層水納豆を開発し、販売を開始する。
2001年 深層水豆腐の県外出荷の業績が認められ、『第15回高知県地場産業大賞』を受賞する。
2002年 『全国地場産業優秀技術、製品奨励賞』を受賞する。
2003年 土佐のいい物おいしい物発見コンクールで、『大賞』を受賞する。
2004年 日本支援機関協議会主催のビジネス・インキュベーション部門で、
『JANBO新事業創出賞』を受賞する。
社長のコメント
豆腐は日本が世界に誇る歴史ある健康食品です。もめん、絹ごしという伝統的な味にさらに磨きをかけ、一方では、これまでの豆腐に対する概念を打ち破る発想で商品開発に挑戦してまいります。そしてこれからも地域の健康を担う企業としての誇りを世紀人を持ち、安全・安心でおいしい豆腐を消費者の方々にお届けしたいと考えております。


Total:6337 Today:2 Yesterday:2