G-Callショッピング

カートを見る

石川県 かねなかや次兵衛

昭和24年創業 石川県の漬物専門「かねなかや次兵衛」
加賀野菜・能登野菜で作る美味しい国産のお漬物たち
加賀百万石の伝統野菜が生み出す味わいをお届けいたします。
屋号紹介
「かぶら寿し」は百万石の歴史
「かぶら寿し」「大根寿し」とは、魚介の具とすし飯を合わせた一般的な「寿司」の原型とされております。おつけもの「寿し」のルーツは、東南アジア山間部の淡水魚の保存方法が発祥とされる「なれずし」とされておりますが、「なれずし」とは、魚介類を主原料とし、ご飯を用いて乳酸発酵させた保存食品であります。
(「なれ」は「熟れ」と書きますが、発酵によって魚が熟成していくさまを表しております。)
日本には海流にのって古い時代に長江下流域から手法が伝わったとされます。
お客様に喜んでいただけるよう、一つ一つ丁寧に心を込めて漬け込んでいます。
贈り物に使われたお客様、届いた商品を召し上がられたお客様、双方にご満足いただけたら、とても嬉しいです。
青蕪(かぶ)に、鰤(ぶり)をはさんでいるところ
沿革
1949年 初代中橋善吾郎が小松市安宅新町丙65において「かねなか漬物工場」を始める。
1959年 野菜のつけもの(たくあん漬など)を製造開始
1964年 カネナカ食品工業株式会社設立
1985年 小松市安宅新町ネ72に本社(工場)を移転
1985年 特産品のかぶら寿し・大根寿しを発売
1989年 中橋昇三 代表取締役に就任
1993年 本社内に原材料倉庫棟を増築
社長のコメント
当社は、創業60年の歳月で蓄積した独自の野菜加工や漬け込みのノウハウで、石川県産の伝統野菜を使用したこだわりグルメ志向の商品づくりをしております。新作漬物の開発はもちろん、漬物風創作デリカの開発にも積極的に取り組んでおります。
石川県加賀地方には、青蕪、源助大根、加賀太きゅうりなど、数多くの伝統野菜があります。また、能登地方には中島菜など、多くの個性豊かな野の幸や海の幸に恵まれております。
かねなかや次兵衛は、これら地元の幸を大切に、現代の多様な食のシーンを想定し、食卓に楽しさを提供できるよう努めてまいります。
代表取締役 中橋昇三
安心・安全への取り組み

皆様に安心して商品をお召し上がりいただくために、 「かねなかや次兵衛」は次のように取り組んでいます。

・手作業で野菜をカットし、その際に殺菌、洗浄をしっかり行います。
・魚の骨抜きも全て手作業で行っています。
・味、塩分のチェックを厳しく行っています。
・保存状態のチェックを厳しく行っています。
・徹底した温度管理を行っています。


Total:28510 Today:4 Yesterday:6