G-Callショッピング

カートを見る

北海道 留萌 井原水産

香り高く歯切れ良い≪数の子≫が評判で生産量は日本一!
その他≪にしん番屋漬≫や≪味付いくら≫≪釣り物たらこ≫等、
ご飯もお酒もすすむ逸品ぞろいです。
屋号紹介
井原水産
当社は塩数の子の生産を主体とする水産加工食品製造会社です。
資源豊富な北米太平洋産の上質な原卵・抱卵鰊を輸入、優れた技術によって生産しております。
今ではカナダ・アラスカから輸入する原卵の輸入量の実に2割が、当社製品として市場に出回っております。
主力商品である塩数の子は、関西方面を中心に全国主要都市の公設市場へ出荷され、ヤマニブランドとして絶大なるご支持を頂いております。
沿革
1954年10月 留萌市本町3丁目1番地に鮮魚出荷問屋として創業
1963年06月 抱卵冷凍鰊の加工処理(解凍・過酸化水素使用)の研究開発
1968年04月 留萌市船場町1丁目24番地(現在地)に本社移転
1990年03月 「塩数の子」第39回全国水産加工たべもの展にて農林水産大臣賞受賞
1997年03月 「干かずのこ」全国水産加工たべもの展農林水産大臣賞を受賞
1999年06月 「魚類コラーゲンの製造方法」特許取得
2002年07月 札幌支社・ほしみ工場完成(数の子パッキング、コラーゲン製造)
2005年08月 札幌支社にて「ISO 9001:2000」認証を日本(JAB)と 英国(UKAS)で取得
2006年06月 「鮭皮コラーゲンのバイオマテリアル化技術の開発と商品化」で社団法人日本生物工学会の「技術賞」を受賞
2015年10月 公益社団法人 日本食品衛生協会より食品衛生優良施設として表彰された
「ヤマニ」の由来
現在も使われている井原水産の屋号のヤマニは、もともとは創業者(井原長治)の兄(井原定雄)が経営する井原酒店のものでした。兄が小樽の渡辺酒造から暖簾分けをして独立したときに使うことを許されたものです。
札幌支社 ISO9001:2015の継続について
弊社 札幌支社(小樽市銭函3丁目263番23)は、このほど品質マネジメントシステムに関する国際標準規格「ISO9001:2008」で認証を継続いたしました。

札幌支社 ISO9001:2015
 これからも弊社は、常に品質・技術力の向上と継続的な改善に努め、お客様に信頼されご満足いただける商品及びサービスの提供を心掛けてまいりますので、今後ともご厚情賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。


Total:34069 Today:15 Yesterday:18