G-Callショッピング

カートを見る

昭恋館 よ志のや

間人蟹(たいざがに)が美味しい間人温泉にある旅館
「京都府の現代の名工」を賜った昭恋館よ志のやの味と技は
日本にとどまらず世界中の美食家を魅了しています。
屋号紹介
丹後半島間人温泉郷にある「昭恋館 よ志のや」
間人(たいざ)ガニ料理で大人気の当館はカニ料理の他に、鮑(あわび)やノドグロ等旬の新鮮なご当地食材でおもてなし。日本海を眺望できる露天風呂、貸切風呂をご用意しておいます。
蟹料理の先駆者として「間人によ志のやあり」と謳われた料理は、間人ガニ(たいざがに)のみならず、肉、魚、米、野菜、天然水にいたるまで、信頼おける地元の人との繋がりの中から選び抜かれた、丹後の最高の旬の食材と料理人の感性が織りなす一期一会の味の芸術。「京都の名工」に認定された先代・福山勝彦の技と心を受け継ぐ珠玉の料理が、間人(たいざ)の忘れがたい情緒と日本料理の粋を映しだします。
昭恋館よ志のや 料理長 福山 渉
昭恋館よ志のやの料理長を務める福山渉は、よ志のやの息子として生を受け、地元の豊かな海・山・川の中で育つ事で常に旬な食材に、 店の手伝いをすることで本物の料理に触れ育んだ事で、料理人としての基礎が築かれました。その後、京都の一流料亭や実家で修行を積み、京料理の技術・知識、食材を見る目を習得。父から受け継いだ料理人としての心と調理方法をいつも胸に留め、京料理の伝統を受け継ぐ料理人として、 枠にとらわれない進化をつづける料理人として「進化し続けること」に常にこだわっています。間人には本当に美味しい「極上の食材」があります。その素材の味を損なうこと無く、驚きの至高の逸品へ仕上げる。長年の経験と試行錯誤から先代がうみだした、 海の京料理には欠かせない「よ志のや秘伝の出汁」と、福山渉の伝統的でありながら新しさのある見事な味わいを、どうぞ存分にご堪能ください。


Total:13708 Today:3 Yesterday:2