G-Callショッピング

カートを見る

人形町今半

明治28年牛鍋屋として創業以来、上質の黒毛和牛にこだわる老舗。
人形町今半名物のすき焼は、肉の旨味を逃さずに“焼くように炊く”。
120年を超え愛される人形町今半自慢の味わいをぜひご家庭で。
屋号紹介
沿革
人形町今半は、明治28年(1895年)本所に創業者 半太郎が牛鍋屋として創業以来、常に最高の牛肉を提供することを使命とし一世紀を超えて商売を続けてきました。
人形町今半は、昭和27年「浅草今半日本橋支店」として開業。その後、先代が各々発展しなさいという事で、昭和31年、2つの店を別々に分け浅草今半、人形町今半とし、浅草今半は長男が後を継ぎ、人形町今半は次男が後を継ぎました。
今では、各々努力をし順調に店を発展させています。
人形町今半
人形町甘酒横町を明治座方面に向かって歩いた左側です。黒毛和牛選びに日本で5本の指に入る目利き、牛肉購買部長「篠宮」氏が一頭一頭吟味、厳選したものを「人形町今半黒毛和牛」と命名し、独自のブランドとしてお客様に提供しています。
創業以来変わらぬ高級黒毛和牛のとろけるような柔らかさ、また脂ののった牛肉に合う甘めのたれは、人形町今半のこだわりです。
牛肉へのこだわり
人形町今半では、黒毛和牛を中心として牛肉全般にこだわりをもって販売しておりますが、特定の銘柄牛や特定の生産地にはこだわりを持っておりません。なぜなら、牛肉の品質はその血統、高度な飼育技術、そして何よりも畜産者の牛に対する情熱と愛情が大切だからです。
又、牛肉のおいしさを決める要因の一つである脂肪には、『硬い脂肪』と『柔らかい脂肪』があります。『硬い脂肪』をもった牛は、サシ(霜降り)の見栄えがする為、一般的には好まれる傾向にありますが、 当社は見た目の美しさだけにとらわれるのではなく、とろけるような脂肪の柔らかさにこだわっています。これは、旨さ、柔らかさを醸し出す成分“不飽和脂肪酸”が『柔らかい脂肪』に多く含まれておりその結果、融点が下がり、とろけるような口当たりを味わえるからです。
技術へのこだわり
人形町今半では厳選した牛肉を最高の味に高める為の確かな調理技術の向上に研鑽し続けております。
と畜後の「熟成」は、精肉の品質を決めるとても大切な工程です。この熟成は、牛肉本来のもつおいしさとやわらかさを最大限引き出す為に行われます。更に、人形町今半には長年培われてきた技術を結集した精肉調理法があり、「食感」「美味しさ」「美しさ」を最大限に引き出しております。厳選された素材と、修練された調理技術。
包丁の角度ひとつで味、柔らかさ、仕上がりの質がまったく異なります。素材の良さを最大限に引き出す技術力の研鑽に余念はありません。
衛生へのこだわり
人形町今半が最も強くこだわるのが「安全な商品をご提供する事」です。 社内に衛生検査室を設置し食品衛生管理技術者による、各店の厨房内衛生管理状態と食品の細菌チェックを抜き打ちを含め月2回実施。その結果を踏まえ、厳正できめ細かい指導を行っています。
また社外の検査機関によるチェックや、月に一度、クリーンチェックという衛生管理のチェックを全事業所で行い、お客様に信頼される、安心安全な商品をご提供し、いつでも気持ちよくご利用いただけるよう日々努力を惜しみません。  


Total:10727 Today:13 Yesterday:14