G-Callショッピング

カートを見る

和歌山県湯浅町

屋号紹介
湯浅町について

和歌山県の中部西岸に位置し、有田みかん・醤油・金山寺みそで有名。県下では唯一の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、歴史を感じる自然に恵まれたまちです。
1.歴史的文化財の保全及び活用事業
優れた伝統文化や歴史的景観を後世に伝承するため文化財の適正な保存を図ります。

醤油蔵・商家・町屋などが連なる古い町並みは伝統的建造物群保存地区に指定されていますそのほか伝統芸能など文化財遺産を後世に遺すため保存と活用をすすめています。
2.安心安全のまちづくり推進事業
災害への備えや、救急体制を強化するとともに、 住民自らが健康で豊かな生活が送れるよう取り組みをすすめます。

将来予想される南海トラフ大地震などの自然災害。災害に強いまちづくりは緊急の課題です。子どもからお年寄りまで安全に安心して暮らせるよう防災のほか、救急体制の整備や健康増進のためさまざまな取り組みをすすめています。
3.特色ある産業を活かしたまちづくり事業
地場産業の育成と「湯浅ブランド」のPR、観光資源の活用と、その基盤整備をすすめていきます。

自然豊かなまち そして「醤油発祥の地」として湯浅町ではとれたての魚介・新鮮な柑橘、手づくり醤油・金山寺みそが味わえます。全国に広くPRするとともに地場産業の育成につとめます。
4.その他
湯浅町の発展に寄与する事業


Total:764 Today:3 Yesterday:1