G-Callショッピング

カートを見る

米沢牛黄木(おおき)

代表が足を運び、米沢/山形の市場で枝肉を一頭丸ごと買い付け
数ある米沢牛の中から更に一級品を見極めます。
美味しい本物の味わいをお届けして参ります。
屋号紹介
沿革
1923年、大正12年に小さな精肉店とそこに併設して、七輪を使い牛鍋屋を始めたのがはじまりです。
戦時中には、わずかな肉しか配給されない中で、それでも何とか店を存続し、乗り越えてきました。
昭和21年には車庫を改造して6坪程度の食堂を建設。現在の直営レストラン金剛閣のもとと成るものです。
昭和25年、今の時代のように、配送手段でクール便などがなかった為、生肉の保存方法として考えだされたのが牛肉の味噌漬け、当社の看板商品の「すみれ漬け」です。
お客様に最高の品質、そして最高の美味しさをお届けしたいという気持ちは、今も昔も変わっておりません。
先代の方々から受け継がれてきた伝統と技術が、90年の歳月を経て、今の社員に脈々と受け継がれております。
沿革
1923年 黄木義政が精肉店創業。併設して七輪を使い牛鍋店も営業する。
1930年 二代目 黄木林次郎 社長就任
1941年 太平洋戦争勃発。牛肉も配給制となり、1週間で20キロ程度しか仕入れが出来ない中での営業。
1946年 自店の車庫を改造して六坪程度の食堂を建設。後に「(株)レストラン肉の黄木」になる。
1955年 洋食弁当を始める。飛行場よりヘリコプターを飛ばし、洋食弁当のビラをまいた。
1987年 三代目 黄木昭夫 社長就任。
1994年 社名を株式会社米沢牛黄木に変更。
1998年 四代目 黄木修太郎 社長就任(現社長)。
1998年 生後十ヶ月の子牛を購入。地元の契約農家に委託して「黄木ブランド牛」の肥育を始める。
2011年 国際規格「食品安全マネジメントシステム」ISO22000を認証取得。
社長のコメント
上杉の城下町米沢に、大正時代より店を構え、おかげ様で創業90周年を迎えることができました。
これもひとえに、当社を支えてくださったお客様とのご縁を頂いたおかげです。
そしてこれからもお客様に喜んでいだだけます様、米沢牛黄木は「日本一立派な食肉会社」を目指します。
日本一とは、売上、社員数等の規模のことではなく、経営の品質のことで、日本の食肉会社の中で一番お客様から喜ばれ、感謝される会社、社会貢献している会社、社員満足度の高い会社という意味です。
お客様にとって、黄木がなくてはならない存在を目指し、そして働く社員も「この会社に入ってよかった!」「この仕事についてよかった!」と誇れる会社を目指していきます。
日本の食卓が、笑顔でいっぱい溢れますように、これからもどうぞ宜しくお願い致します。
株式会社米沢牛黄木 代表取締役 黄木修太郎


Total:4843 Today:5 Yesterday:19