G-Callショッピング

カートを見る

四国デュロックファーム

養豚から加工まで一貫して行っているデュロックファーム
四万十ポークは、脂が甘いのにさっぱりとした味わい
ジューシーで柔らかいとろとろのチャーシューです。
屋号紹介
デュロックファーム
常時1万2千頭という高知県最大規模の養豚農場を経営し、また、高知県の養豚農家では初めて6次化(生産・加工・販売)を行っている会社です。
その自社加工施設は、衛生管理を徹底した最新鋭の設備で、精肉加工はもちろんハムやソーセージ、パテなども製造し、安心・安全で新鮮な豚肉をお客様にお届けしています。
美味しさの理由
原料にこだわった餌
おいしさを決めるのは品種より餌。なので養豚場ごとに豚肉の味が違います。その一番の理由は「飼料」です。餌の良し悪しが豚肉のおいしさに影響するからこそデュロックファームでは五感に沿った味わいを研究し、原料にこだわり個性際立つ味わいを追及しています。敷地内に設けたキッチンで配合するリキッドフィードシステムも導入しており、液状飼料の為食欲の落ちる夏でも豚たちはモリモリ食べてくれます。
長い肥育期間
一般的な豚は生まれてから約180日で出荷していますが、当農場は約210日で出荷しています。約30日長く肥育する成長過程で、毎日きめ細かく豚の体調を管理しその日に一番ベストな餌の配合や量を変えて旨みや甘みを作りあげています。
四国デュロックファームで出荷される銘柄。この掛け合わせを三元豚と言い、日本の豚の多くがこの銘柄になります。当社では肉質の良いデュロック種(会社名の由来)を父親に持つ子を出荷。生産性や食味などのバランスの良い掛け合わせをしています。


Total:994 Today:2 Yesterday:4